ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 高1の息子が「ヤマト 2202」のドレッドノートを建造した | TOP |

2020.10.16 Friday

相棒 19 初回スペシャルを見て

0
    新型コロナウイルスの影響で今年はもしかしてもしかすると「相棒」の新作はないんじゃなかろうか…と危惧していたところ、例年通り秋から放送開始のお知らせが出回ってホッと安心したしだい。

    とはいえ、2クールという長丁場。現場は、スタッフを始め俳優陣も健康管理にいつも以上に気を遣っているのだろうと想像すると、無事に完走できるかどうか毎週ハラハラしながら鑑賞することになりそう。放送前にはレギュラーだった芦名星さんが亡くなられ、いつ何が起こるかわからない今年のエンタメ界を思うと、心して見ておかないと後悔するかもというちょっとした使命感にも似た思いを抱きつつ、先ずは1話1話を大切に見ていこうかなといったところ。

    さて、14日に放送された初回スペシャル・前編。前編のため事件は解決していないどころか、さて一体何が本当の事件なのかすらわからないまま終了。放送枠を拡大しているため時間があるせいか、あちこちで思わせぶりなシーンを勿体つけて見せているといった感じで一体何が何やら。今回の前編は掴み所がなく結局プロローグのまま次回へ「つづく」になってしまったという印象。

    そんな中、芹沢刑事のいびりは「それやっちゃあかん」感がみなぎっていて、さすがの伊丹刑事も若干引いていたことに苦笑い。そしたらやっぱり怖い大河内監察官から「芹沢!」と大声で叱られていてさもありなん。今のご時世モラハラはあかんよ芹沢くん。それにしても大河内さんはどんな相手にもビシッと物申すからかっこいいなぁ。憧れる。

    そんなこんなで思わせぶりな伏線だらけでふわっとした感触で始まった「相棒 19」初回・前編。次週、後編ではテンポよく事件の核心に迫って爽快に解決することを楽しみに。
    (監督が橋本さんなので、爽快にはいかないかもしれないけど)←心の声

    もしかすると、被疑者の恋人の女性が後編の鍵となるかも?恋人役を演じた日南響子さんの演技が絶妙な加減でいい感じだった。彼女を久しぶりに見たけどなかなかにいい色気です。

    「相棒 19」公式サイト→https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

    コメント

    コメントする









    ▲top