ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夏休み中に高1の息子に「2202」のヤマトを建造してもらう | TOP | 実りの秋 >>

2020.08.23 Sunday

夏休み中に高1の息子に「2202」のヤマトを建造してもらった

0
    「建造してもらう」の記事を書いたのは1ケ月前。
    うむ。時間の経つのは早いもので。

    さて、1週間前に夏休みを終えた次男の作った「2202」のヤマトがこちら↓
    製作期間は4日間ほど。
    画像をクリックすると。多少大きいサイズで見ることができます。

    2202_1

    2202_2

    粗探しはご遠慮くださいませ。
    製作中にパルスレーザー砲や細かい部品を折ったり欠けたりした箇所があるため、遠目でご覧いただけると幸い。
    やはりヤマトは突起が多くて大変。

    「メカコレきりしま」も忘れずに作りました。

    2202_3

    実はLED電球が組み込んであり波動砲口と機関部が光るようになっているのですが、光らせるためにはいちいち艦橋部をごそっと外して点灯させるようになっているため、わざわざ電池を買って来て組み込んではみたものの結局は光らせていません。
    てっきり外部に小さなON/OFFのスイッチがあるのかと思ったら、そうではなかったです。

    製作後に息子に感想を聞いたところ「しばらく戦艦は作らない」とのこと。「(ガンプラより)大きい割に(ガンプラより)小さいパーツが多すぎ」と。
    ふーむ。なら、もっと大きいサイズのヤマトならOK?
    いや。そんなサイズのヤマト、狭い我が家には飾る場所ないから。
    そんなわけで、今後しばらくは我が家にヤマトの模型は増えそうにありません。
    (その代わりガンプラは増殖中で、つい最近ディジェと百式が増えました)

    それと、「2199/星巡る方舟」を本日鑑賞しました。
    息子の感想は「戦闘シーンがいいよね」と。
    10代の男子はこういうものかもしれません。
    私は久しぶりに見て、少し前のラノベのようなノリにストーリーの軽さを感じつつも、ラストの斉藤と土方司令の会話に目がうるっとしたりしました。
    とはいえ、ダガームの艦との決戦には燃えました。(結局私も似たような感想)

    追記。
    鑑賞後、ブンチャカ・ヤマトの音楽が頭の中でぐるぐるリピートしてました。



    プライム・ビデオ「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」
    DMM.com DVDレンタル「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」


    Amazon「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」オリジナル・サウンドトラック
    DMM.com CDレンタル「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」オリジナル・サウンドトラック


    JUGEMテーマ:宇宙戦艦ヤマト




    コメント

    コメントする









    ▲top