ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2018年2月分 YAHOO!サムネイル間違い探し | TOP | 介護生活が始まって >>

2018.07.01 Sunday

予定外に「MS図鑑 ジム」を買った

0
    中2の次男坊と一緒に、古本も新品の本も扱っている書店へ行って来た。

    目的は、次男坊が読んでいる「黒子のバスケ」の29巻と30巻の古本を買うためだったのだけど、30巻はあったのに29巻がなかったため断念。

    目的を失い漂うように冷房の効いた店内をウロウロしてたら、次男坊があるものに興味を示した。

    それが「MS図鑑 ジム」。

    パラパラと中を見ているうちにどんどんのめり込んで行くのが分かり、本を閉じると案の定「これが欲しい」と一言。

    新品のお値段、税込1944円。

    「黒子のバスケ」古本2冊分よりずっとお高い。

    しかし、普段本を読まない次男坊が珍しく興味を示した本だし、それに何より何故だか次男坊は小学生の頃から数多あるガンプラの中でもジムをよく作っていたほどのジム好き。

    ジムのどこが次男坊の興味をそそるのか私にはさっぱり理解不能だけど、「読みたい」を連発されると、親としては財布の紐が緩んでしまう。

    帰宅するなり興味津々な顔して読んでるのを見ると、買ってよかったな、と思ってしまう親心なのです。

    Amazonレビューでは、酷評が多いようですが、どうやら書いているみなさんはディープなガンダムファンのよう。そういった方々には物足りない内容なのでしょう。

    ですが、私は次男坊のような単純に「好きだから読む」の気持ちを尊重したいのであります。

    それに私もちらっと中身を見ましたが、シンプルな中にも作品ごとにデザインが革新的になっているのが分かり、ジムと一言で言っても割に奥深いものがあると思いました。

    ジム好きの次男坊は機体の顔を見ては、「これは、○○みたい」と楽しそうに評しております。図鑑なのですから、そんな風に見比べて楽しむので良いのではないでしょうか。


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://yamato.ymtmusic.com/trackback/254

    トラックバック

    ▲top