ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 2202 第10話の気づき | TOP |

2018.04.04 Wednesday

「BEAT & ROSES」を聴いて

0
    初回限定盤は、Music Videoの付いたAを選択。
    この歳(アラフィフ)ともなると、妄想トークショーは聞き始めから顔が真っ赤になってジタバタジタバタ暴れまくってちゃんと最後まで聞けないだろうと思ったもので。
    YouTubeに公開されている一部を聞いただけで、赤面してお腹いっぱい状態に。
    自分が10歳も若ければそっちを選んだかもしれませんが…
    今は、歌って踊るミッチーさんを見ている方がとても幸せなのです。

    ということで、Music Video
    見ている方はめっちゃハッピー。
    だけど、主役のカップルはwww
    確かにこういうオチになりますwww
    カラオケ店員に扮したミッチーさんの表情が絶妙過ぎてほっこりとした後味に。
    男子を演じた内川留伽さんは、アコースティックギターが特技ということで、なかなかのテクニックを披露してくれています。

    アルバムは、ロック主体でまとまっていてgood vibration
    ロック好きの自分には心地いいビート感満載で一発で気に入りました。
    中でもタイトルチューンの「BEAT & ROSES」がグイグイとハートに来ます。
    詞が、「モラリティー」と対をなす、もしくは通じるものがある、もしくはアンサーソングのようにも感じられ、中々に深いものを感じます。

    アルバムについて少し真面目に書いたレビューがありますので、よろしければそちらもご覧いただければと存じます。
    「BEAT & ROSES」及川光博 レビュー
    by CHOAS ∞(私が友人と共同運営しているWeb Siteです)





    オリジナルの曲順は、以下の通り。
    (1)インフィニティ ∞ ラブ
    (2)スリル
    (3)恋にうつつをぬかしたい
    (4)セックスフレンド<2018>
    (5)Birthday 〜バラのブレス〜
    (6)瞬きにあいだに。
    (7)BEAT & ROSES

    キャッチーな「インフィニティ ∞ ラブ」に始まって、熱いビートと赤い薔薇の「BEAT & ROSES」で終わり、リピートして「インフィニティ ∞ ラブ」からもう一度いても自然な流れで聞くことのできる聞きやすい曲順となっています。
    何度聞いても大正義な曲順であります。

    ですが、ロック好きの自分としては少々欲が出てきてしまいます。
    もっとガツンとロック色を押し出したい。
    そこで自分好みのプレイリストを2パターン作成。
    オリジナル・アルバムであることを重視して、敢えて「スリル」はオミット。

    (1)BEAT & ROSES
    (2)Birthday 〜バラのブレス〜
    (3)瞬きにあいだに。
    (4)セックスフレンド<2018>
    (5)恋にうつつをぬかしたい
    (6)インフィニティ ∞ ラブ

    タイトルチューンをトップにすると、狙い通りガツンとロックから始まって一気に気分が高揚します。
    思わずヘッドフォンをしてるのを忘れて拳を振り上げてヘッドバンキングしたくなります。
    リピート再生の流れを考えてラストを「インフィニティ ∞ ラブ」に。
    オリジナルの曲順もそうですが、この2曲は相性がいいと感じています。

    もう一つのプレイリスト。

    (1)インフィニティ ∞ ラブ
    (2)セックスフレンド<2018>
    (3)恋にうつつをぬかしたい
    (4)BEAT & ROSES
    (5)Birthday 〜バラのブレス〜
    (6)瞬きにあいだに。

    アルバムの掴みとなる「インフィニティ ∞ ラブ」は動かさず、「BEAT & ROSES」をメインとすべく真ん中辺りに配置。
    昔、LPが全盛だった頃、B面の最初にメインの曲もしくはタイトルチューンという構成が割とあり、それに倣った形。
    10代の頃に受けた影響力は大きく、今でも自分がプレイリストを作る際の基準の一つとなっています。
    あの頃、カセットテープに自分の選んだベスト盤を作る際にあれこれ悩んだのを思い出します。
    LPは、A面B面合わせて46分内。
    これ基本。

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://yamato.ymtmusic.com/trackback/246

    トラックバック

    ▲top