ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< アッガイたん作ったった | TOP | 氷室さんのライブに行くの巻 盛岡編 >>

2014.04.09 Wednesday

天誅 闇の仕置人を見終えて

0
    前回から時間が開いたためラスト2話は一気見。
    どんなオチの付け方になるのか、そこだけにポイントを絞って鑑賞。
    見終えてすぐに思ったのは、なかなかに爽やかな後味でよかったということ。

    最終話は、今まで思わせぶりに小出しにして来た謎を一気に解決するというクライマックスのため、一話分にしては詰め込み過ぎで描写の映像が足らず、ポンポン飛び交う説明的な台詞で足早に展開していたけれど、これもまた昨今の流れなので致し方ないのかと。

    描写力不足の筆頭は、京本政樹さん演ずる先生の過去。一人の女性を失った悲しみをサナとの戦いの最中に台詞だけで語っていたので、それがどんな情景だったのか想像するのが追いつかなくて残念だった。アクションの映像と語る先生の表情と過去のイメージ映像とが交互に描写されているとシーンが盛り上がったような気がする。

    そんな中にあって、正子を演じる泉ピン子さんが圧巻の表現力だった。最終話は、失踪した娘の安否を気遣う親の顔と裏の顔とがほぼ同一線上にある難しい役どころとなっていたが、これを見事に演じ切っていた。正子の最大の武器はその人間味というのがよく伝わる感動的な演技だった。

    主役のサナを演じた小野ゆり子さんは、最後まで演技の芯にブレがなかったのがよかった。忍のため寡黙で台詞の少ない役であったけれど、眼光の鋭さがいつもあって凛としていてよかった。

    反響しだいでは続編があるのだろうか。もしあるのなら次回もぜひ見たい。

    コメント

    南さん こんにちは。

    私もこのドラマの話題が少ないと感じてましたのでコメントをいただけて嬉しいです。ありがとうございます。

    仰られるようにいい役者さんばかりでしたよね。設定の目新しさはなかったですけれども、悪事を働くゲスト俳優も含めて表現力の上手い役者さんたちが分かりやすくきちんと演じていたのが良かったと思います。

    私も先生の人物像に迫ったストーリーを見てみたいです。結局最終話に過去を語ったおかげでかえって謎が深まりましたよね。先生とサナをメインにしたらシリアスな展開が期待できそうでワクワクします。

    ドラマの演出は、パロディが多かったのがちょっと気になりましたけれども、アクションシーンはかっこよかったのでぜひ続きを見たい作品です。
    2014/04/10 2:05 PM by 久保田
    個人的にはとても面白いドラマだったのですが、おっしゃるような描写不足など、大人の事情などが垣間見れるドラマだった気がします。
    先生の過去は私も気になっています。
    ミツ子や八巻の過去は最初のほうに描かれましたが、もしかしたら打ち切り?の事情などで先生の過去を扱った回が収縮されてしまったのかもしれませんね。
    とても注目していたメインキャラクターの一人で、演ずる役者さんもとてもよかったですので、そこが私も非常に残念でした。
    視聴率的に続編は難しいのかもしれませんが、もし続編があるのなら先生の人物像を掘り下げた回をやってほしいです。
    一流の魅力的な役者さんばかりでしたので、脚本や演出等、スタッフも一流で揃えたらもっと化けるドラマなのではないかという淡い期待がございます。
    このドラマを見ている方を見かけることが少なかったので嬉しくなり、突然お邪魔して申し訳ございませんでした。
    2014/04/09 3:13 PM by 南

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://yamato.ymtmusic.com/trackback/201

    トラックバック

    ▲top