ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ぼやきレビュー@イオナ/澤井健 | TOP | ぼやきレビュー@鉄子の旅/菊池直恵 >>

2008.10.05 Sunday

ぼやきレビュー@彼烈火

0
     えーこの度、このアルバムがあるのは知っていたけれど買うまでには至らなかった「彼烈火」を、どんな心境の変化か中古ショップで格安で売っていたので、ようやくのことで購入。

     「キャプ翼」のファンの人ならば、しかも健小次ファンの人ならば、飛田×鈴置という組み合わせには納得するところなのでありましょうが、「キャプ翼」に小指の先ほども転びも萌えもしなかった私には、何でこの組み合わせなのか、全然ピン!と来なくて、ネットであちこち検索した次第。まだ鈴置×飛田ならば納得のしようもあるのだけど、飛田×鈴置では、鈴さん受けに飛ちゃん攻め!?…と、いまだにどーにもこーにも気持ちの面で納得できない組み合わせなのであります。鈴さんは、どーやったって攻めの声なので、せめて晃司を演じて欲しかった。飛ちゃんの晃司は、声の印象ではどーしても泉より年下に聞こえる…。晃司は、小学生の頃から女を渡り歩く根っからの「たらし」なので、やはり鈴さんの声で聞きたかったなぁ…。それに、「Zガンダム」に転びまくっている私にとっては、カミーユ、ブライトの方がピン!と来るのであります。ここでカミーユ、ブライトに当てはめて腐女子的脳内変換をすると、それは断じて許せないカプであり(笑)、あり得ないカプなのれす(笑)。その為か、(4)「いとおしくて」を聞く度にどうしてもガクっと来てしまう。でも貴重なアルバムなので大事にしますが。ファンの方、色々とごめんなさい。

    真面目レビューはこちら→「彼烈火」レビュー
    レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)


    彼烈火
    彼烈火
    posted with amazlet at 13.12.18
    石原慎一 鈴木弘明 坪倉唯子 MINAMI EMIミュージック・ジャパン (1988-11-06)売り上げランキング: 14,018

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top