ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.05.02 Saturday

ぼやきレビュー@娼年

0
    ぼやきレビューという名の裏レビューです。

    作品の内容を考えて一応商品画像でも入れてスペース稼ぎをしますか。



    何かと規制の多いこのご時世レビュー書くのも一苦労。

    ひと昔前、一発AVレビューでも書いてみるかと血迷った時期もありましたがアラフィフともなるとそんな気力体力は無いに等しく書かなくて良かったと思ってるしだいですが、この「娼年」に関しては松坂桃李さん主演の衝撃作ということなので、ここいらで一発奮起して鑑賞しました。

    桃李さんがんばってます。私は写真集などでヌードの後ろ姿を見てますので、あの姿で動く桃李さんをたっぷり見て「余は満腹じゃ」であります。

    分かりやすいAVっぽい演出もありますが、照明と撮影が全体を美しく捉えているので、殊更やらしさを感じませんでしたがそれは私の歳が行ってるからですか。若い人には興奮する内容だったんでしょうか。それならそれでこの作品は成功だったんではないかと。

    この作品の主人公を演じるのは、難しいですね。こんなエキセントリックな役どころ、顔だけじゃなく体全体での表現力が求められますし、「普通が売り」なのですから目立ち過ぎてもアウトな訳ですから。その辺りの絶妙な加減をよく演じられていたと思います。

    桃李さんとは別に、私的には真飛聖さんの影を帯びた芝居が心地よかったです。こういう作品で心地よかったというのも変な表現かもしれませんが、佇まいと声の抑揚がジャストフィットでした。西岡徳馬さんと江波杏子さんも流石の存在感。素晴らしきかな。

    さて、領と静香は、あれで結ばれたことになるんでしょうけど、いずれにせよ端から端まで本当に欲しいものが手に入らない切なさだけが描かれてます。小説でならこれでもいいんですが、あまりにも救いがないので途中見るのがちょっときつい部分もあったりします。それをなんとか掬い上げてるのが照明の美しさとカメラワークで、割とベタな欲望の行為を映像美へと引き上げています。それが映像化達成の鍵のように感じました。

    ジャケットの桃李さんの表情が作品世界を物語っています。実にいい表情です。桃李さん、いい役者になっていってますね。

    表向きレビューはこちら→「娼年」レビュー(CHAOS ∞のサイトのページが開きます)



    娼年 [ 松坂桃李 ] [楽天ブックス]
    爽年 (集英社文庫(日本) 娼年) [ 石田 衣良 ] [楽天ブックス]


    後記。
    翌日になって気づいたこと。
    ついいつものくせで主人公に感情移入するようにして見てしまったけど、それはきっと間違いだったということに遅ればせながら気づきました。
    少なくともこの作品を鑑賞する上で、女性である自分が男子大学生の主人公に感情移入するなど奢りだったな、と。
    登場人物で年齢的に最も自分に近いのは、静香と、領の母親のであり、ではこの二人の気持ちになってみたら…と想像してみましたが、でもやっぱりさっぱり共感できません。
    何故なら、私はこういう人生を選ばないからです。
    しかし、世の中にはこういう人生を選ぶ人もいる、というのがこの作品の伝えるところなのでしょう。
    ではもっと視点を広げて女性という立場で登場人物を振り返ると、恵が一番辛かっただろうと思う。しかし彼女は若く、これからの人生の中で傷を癒す機会はいくらでも訪れるし作れる。好きな人に体当たりする度胸のある恵は今まで以上に成長していく筈。
    客として登場した女性たちは割り切っている分、総じて楽しそうに感じられた。静香と領の母親よりは彼女たちの方に共感できた気がする。
    「なるほど、そういうことか」と後になって納得した鑑賞後のこれらの思い。

    ざれごと。
    鑑賞後しばらくの間、20代男性を見かけるとつい(若いコって体力あるよねぇ)という目で見てしまっていました。
    変なおばさんでスミマセン。

    2016.09.01 Thursday

    防災の日に「シン・ゴジラ」を観る

    0
      午前の回を鑑賞後エレベーターで階下に向かう途中、時刻確認のためにバッグからスマホを取り出すと、画面に「【お知らせ】9月1日は防災の日。もしものときにそなえよう」のメッセージが表示されており、つい(そうだね。いつゴジラが来るか分からないもんね)と思い、続いて(これは今日「シン・ゴジラ」を観たのは、ある意味意識が高かったかも知れないなぁ…)なんてことを勝手に頭の中でつぶやきながらも、実のところはたまたま今日しか時間が取れず尚且つファースト・デーで安かったからが本当の理由です。

      さて、「シン・ゴジラ」観ました。
      相方さんからの強力なプッシュを受け、やっとこ鑑賞しました。
      鑑賞直後の感想は「すごい」の一言であります。

      事前に総勢328名の出演者がいるという情報を知っておりましたが、いざ見てみるとやっぱり多過ぎぃ…
      出演シーンが分からなかった方も何人か。
      これは、もう一回見てね。という作戦?

      まだ具体的な言葉は出てきませんが、自分が受けた感想をざっくりと表すと、たっぷりの愛情とたっぷりの知識とたっぷりの任務遂行といったところ。

      美しいかどうかはさて置いて、言葉という耳から入る情報と文字という目から入る情報がかなりのものになっていて、シーンによっては言葉がBGMになり文字が背景の一部になっている様には圧倒。

      見て色々と思うところはあれど、一つ言えるのは日本は「ゴジラ」を作り続けるべきなんだろうということ。
      何から誕生したかを考えると、ゴジラの存在意義は昔も今も未来も変わらないだろうと感じた今日のところの感想の締め。

      おっと。これだけは。
      総勢328名の中から敢えて主役級以外から選ぶ私的MVPは、手塚とおるさん。
      ドラマ「刑事7人」でもいいキャラ演じてましたし、来てますねぇ。

      公式サイトはこちら→映画『シン・ゴジラ』公式サイト

      2015.07.31 Friday

      ぼやきレビュー@あん

      0
        この作品のことを知った時、「これはぜひとも樹木希林さんをスクリーンで観ておかなくては」という思いに駆られ、岩手での上映開始を待って観に行って来ました。

        樹木さんの佇まいが印象的でした。その辺にいる老女を演じながらも個性を表現し、また影を背負った孤独感が漂っていました。終盤の弱った姿には、思わず動揺してしまいました。

        作中、女子中学生と談笑するシーンが綺麗でした。微笑ましくて見とれるほどに。ワカナとの会話シーンは何気なく見てましたが、演じてるのは実のお孫さんだったのですね。観賞後に知って、これはお二人にとっても家族にとっても深い意味の持つ作品への出演となったんだな…と感じました。

        役者さん方がみな良い仕事をしていらっしゃいます。登場人物が限られているため、それぞれの役割がはっきりとしていて見やすいです。そして気づけば店長以外、主立った役柄を演じてるのはみな女性です。

        観賞後、劇場を出たエレベーターの中で一緒になった二人組みの女性が「自然だったね」と会話しているのが耳に入り、(何が?)と気になりました。誰のことを指しているのか、樹木さんの演じた老女のことなのか、それともあん作りのことなのか、一体何が自然だったのかは分かりませんが、登場人物になりきった樹木さんは本当に印象的でした。演じる姿に人物の人生が見えるようでした。

        真面目レビューはこちら→「あん」レビュー
        レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」のページが開きます)

        2015.03.13 Friday

        ぼやきレビュー@迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-

        0
          見るに耐えかねて鑑賞を途中で辞めた作品。(なので表レビューはなくてここだけ)

          だけど、いくつかの大手サイトに投稿されているレビューでは軒並み高評価を得ているので、最後まで鑑賞できなかったのは私の心が狭いということなのでしょう。


          迷い婚-すべての迷える女性たちへ [Blu-ray]
          ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)売り上げランキング: 8,964











          ここからは毒を吐くので作品ファンの方は回れ右をしてください。















          作品の内容は、映画「卒業」をベースにしたもので、「卒業」のモデルとなった女性の娘が主人公。弁護士の婚約者がいるのだが、プロポーズされた時に(この人のことは好きだけど、このまま結婚しちゃってもいいの!?)という思いが沸き上がって来てマリッジブルーへと一直線。妹の結婚式で家中がお祝いムードの中、祖母に相談したところ母が結婚直前に失踪していたことが判明。もしかしてわたしは母の浮気相手の子供なのでは!?と思い込んだのだからさあ大変。

          という辺りまで見て挫折。

          (わたしこのまま結婚しちゃってもいいの!?)っていうのは、意識が高いようでいて実は結婚に対して最高に期待しちゃってる感じを受けるのは私だけですか…。

          それに、母がどうであろうと自分は自分なのだから惑わされてる時点で唖然としてしまう…男性と付き合う覚悟がまるでない…あーだからなのか、祖母とも母とも寝た男といとも容易く寝てしまうのは。寝なければまだギリセーフだったのだけど、寝るのが当然みたいな流れでシナリオが進んでいるのに嫌悪感を覚え、翌朝「帰らないでくれ」という台詞を母子3代と寝たプレイボーイの口から発せられた時点でギブアップした。(このプレイボーイを演じているのはケヴィン・コスナーでフェロモンたっぷりのイイ男っ振りを披露)

          なんちゅーか…設定が都合良過ぎ…婚約者は懐が広くて性格良いし、父親も性格が良いし、方やプレイボーイは学生時代にサッカーのゴールキーパーをしていた時にタマを蹴られて子供を作れなくなったとか、そのうえ主人公のわたし理性があるつもりだけどでも実はスキャンダルなことにめっちゃ惹かれます、なところが目についてしまって続きを見る気が潰えてしまった。

          じゃあ何でこの作品を見てみようと思ったのかというと、一つはキャストが良かったことと、先にも触れたように投稿レビューの評価が割に高かったから。そこでちょっと期待したのだけど、蓋を開けてみたら自分好みではなかったという顛末。

          こればっかりは見てみなければ分からなかったのだから仕方がない。これもまた勉強。でもたいがいは途中でつまらないなぁと思っても取り敢えずは最後まで見ていられるんだけど、今回ばかりは挫けてしまった。主人公に共感できなくとも祖母なり父なり親目線で共感できるところがあればまだよかったのかも知れない。でもそれも見つけられなかったのだから八方塞がり。こればっかりは何度も言うけど仕方がない。

          2013.08.29 Thursday

          ぼやきレビュー@アベンジャーズ(2012)

          0
            うわっはー。期待通りか、いやそれ以上に楽しかったー。

            作品世界を壮大にしようとするとかえってベタな設定の連続で期待通りに楽しめないことがままありますが、これは各キャラクターの性格の根が明るかったので細かな笑いが効いていて楽しかったです。なので、ベタだなぁと思いつつもお互いの欠点や弱点を指摘して「ムカッ」「カチンッ」と来るシーンは楽しかったです。後に最強のチームとなるためにはやっぱりああいう揉め事は必要でありますね。

            ペッパー・ポッツの出番が少な過ぎ。だからか出演シーンは甘い雰囲気だったなぁ。

            チーム紅一点のブラック・ウイドウは、活躍シーンが多くて良かった。あんだけ強い美人って最高。だけど「ナターシャ」って名前で呼ばれると彼女の芯がどこかふにゃんとちょっと柔らかくなるのがギャップがあって萌えました。
            フィル・コールソンは、とても残念でした。涙が出ました…。

            ところで、ロキ、かっこいいーー。あんな線の細い悪の神って何ーー。杖なんか持っちゃって雰囲気よくってさ、不敵な笑みが似合うじゃないか。たった一人でアベンジャーズの面々と渡り合って凄いぞ。兄ちゃんも逞しくてかっこいいけど、ロキも負けてない。

            でも、ハルクが強過ぎたか(笑)。

            真面目レビューはこちら→「アベンジャーズ」(2012)レビュー
            レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)


            アベンジャーズ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
            ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012-12-19)売り上げランキング: 2,925

            2013.01.23 Wednesday

            ぼやきレビュー@ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

            0
              細かいところにまで目の行き届いているシナリオで、私的にはジャストフィットな作品でした。

              タフさ、スリリングさ、派手さ、スピード感、美しさなどなど。

              中でもレア・セドゥーは、印象に残る美しい人でした。先日、新聞に載ってた記事を読んだら彼女はフランスの映画会社の会長の孫娘とのこと。なるほど、これぞ映画のために生まれたお嬢様なのだなぁ。

              トム・クルーズは、齢取った感が出てましたが、でも超高層ビルアクションは、さすがだった。その他にもトムらしい表情と仕草が惜しみなくたくさん演じられていたので、これはシリーズの中でも好きな作品になりました。

              それから、どうでもいいことだけど、インドのプレイボーイは面白い人でした。ビンタされてなお(笑)。


              真面目レビューはこちら→「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」レビュー
              レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)




              2012.01.26 Thursday

              ぼやきレビュー@インクレディブル・ハルク

              0
                カッコイイ!というわけではないですけど、キャラクターの心情がよく描写されてて上手いなぁと思いました。登場人物の描写がしっかりしてて、大人が見る変身ものでありますね。

                ベティの父親の将軍は、ヤなヤツっぽい立場ですけど、でもかっこいい。ハルクに変身するのは、体を鍛えた軍人じゃなく科学者。根っからの戦士のブロンスキーが変身してハルクと戦うも、最後に勝つのは悲しみと愛を背負ったハルク。そういうギャップの見せ方が上手いなぁと思いました。

                ラストで、バナーが変身をすっかり制御してたシーンがあったけど、何かの伏線になっているのか、今後が楽しみ。
                トニー・スタークも登場!「生身より鉄」と言った台詞には(そうだよね〜)なんて同意してしまった(笑)

                真面目レビューはこちら→「インクレディブル・ハルク」レビュー
                レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)


                インクレディブル・ハルク [Blu-ray]
                ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-05-26)売り上げランキング: 9,200

                2012.01.12 Thursday

                ぼやきレビュー@アナザー・カントリー

                0
                  公開当時「JUNE」でかなりプッシュしていて、映画を観たわけでもないのに雑誌に載っている写真で何となく観た気分になってしまっていたという、私の中でなんとなく訳ありになってしまっていた作品。

                  ちゃんと観たのは20代前半の若い頃でビデオで一度観たのだけど、あの頃の私は若過ぎたゆえ「薄暗い映画」としか感想がなく、それから20年の月日を経て最近になって再鑑賞してみたところ、なんと繊細な映像で美しい映画かと感動したしだい。こんな私でも心は成長していたようです。いや、若い頃の私ってホント鈍感だった。

                  これは良かったです。「JUNE」がプッシュしていたのも今ならよく分かる。「JUNE」創成期の萌えが詰まってる。男子校の全寮制って素晴らしい。美しいわぁ。…なんてことをここで長々と言ってたら引かれてしまう。もうよそうっと。

                  真面目レビューはこちら→「アナザー・カントリー」レビュー
                  レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)



                  2012.01.11 Wednesday

                  ぼやきレビュー@アイアンマン

                  0
                    ロバート・ダウニー・Jr、ちょっと陰のあるかっこよさがよかった。どんな行動でもかっこよく見えるってどうよ?って思うくらい、かっこつけててもつけてなくてもオールタイムかっこよかった。

                    インセンもよかった。それを言っちゃおしまいよ…なことを言っちゃうと、インセンの分のパワード・スーツも作って欲しかった。でも2人分作る時間がなかったんだよね…きっと。

                    その、ゲリラの本拠地から抜け出した時のパワード・スーツ1号のデザインかっこよかったなぁ。もちろんホットロッド風カラーのアイアンマンのデザインもかっこいい。

                    いや、もう、かっこいいだらけでした。続きが楽しみ。

                    そうそう。戦略国土調停補強配備局(長い名前ね)のフィル・コールソン。いい感じのキャラでグッドです。

                    真面目レビューはこちら→「アイアンマン」レビュー
                    レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)


                    アイアンマン [Blu-ray]
                    アイアンマン [Blu-ray]
                    posted with amazlet at 13.11.27
                    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-05-26)売り上げランキング: 2,217

                    2011.12.12 Monday

                    ぼやきレビュー@BOYS LOVE 劇場版

                    0
                      動機は、桐山漣くん目当て。漣くんいつ出てくるんだ…と目を皿のようにして見ていたら、やっと後半に少し登場しました。特別出演なので、これくらいなんだね…。前髪長いし、横向き加減だしで、なかなか顔を見れませんでしたが、登場シーンの最後の方でバッチリ顔が見えました。若い。今でも若いんだけどさ(笑)。

                      主役は、天上空々かと思ったら蒼井海広だった。あれぇ?まぁいいか…。主役の蒼井海広を演じた小谷嘉一さんは、「仮面ライダーアギト」で真島浩二さんを演じた人とのこと。うーむ。「アギト」は後半はちゃんと見てなかったので思い出せない。この作品で見た小谷さんは演技上手かったです。ところどころで場所をわきまえずに大声張り上げてましたが(笑)。

                      天上空々を演じた菅野篤海さんは、雰囲気がよかった。泣くシーンは後一歩だったのが惜しい。谷和憲さんが演じた学園の帝王の花園陸は、過激なところもあったが、実は、とても魅力的な存在だった。一葉との関係が明らかになったシーンは、やられたぁ…と即座に思った。あのタイミングであのシーン。しかも美しい。その上、本人じゃない赤の他人に向かって「愛してたんだ」という告白。ううう…陸…切な過ぎる。

                      あのタイミングであのシーンでしかも美しい。は、もう一つ。ベッドの下での蒼井と天上の密着シーン。美味しかった(笑)

                      真面目レビューはこちら→「BOYS LOVE 劇場版」レビュー
                      レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)


                      BOYS LOVE 劇場版 [DVD]
                      BOYS LOVE 劇場版 [DVD]
                      posted with amazlet at 13.11.27
                      ワーナー・ホーム・ビデオ (2007-11-02)売り上げランキング: 22,005

                      ▲top