ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2019.01.19 Saturday

「相棒 17」2019年1月1日放送 第10話「ディーバ」走り書きレビュー

0
    やっと録画しておいた「相棒 17」2019年1月1日放送 第10話「ディーバ」を鑑賞したので、気づいたことを書き留め。

    今回の元日スペシャルは、テレビ朝日開局60周年記念ということもあってかなりの力の入れようで、放送日直前にはちょこちょこと情報が小出しにされたのが印象的。仲間由紀恵さんの産休明けドラマ初出演情報であったり、2代目相棒の神戸尊の登場情報であったり、その神戸尊を演じる及川光博さんと現相棒の冠城亘役の反町隆史さんの二人のアクションシーンを先行公開したりとか。

    で、そのアクションシーン。反町さんが格好良過ぎ。てか、強過ぎ。確か冠城は、始めの頃は弱くて右京さんの後ろに隠れてたりして「君、弱いですねぇ」なんて言われてた筈なんだけど、ここに来てめきめき強くなってアクションシーンが増えた。「16」では、女性を守るためにナイフで刺されるシーンも演じてるし、”やられるイケメン”もこなしてたりして、かなり幅広く頼もしい存在になった。冠城は警察官なんだから強くて当たり前っちゃ当たり前なんだけど、反町さんはいつの間にこんなにアクションシーンを格好良く決めれるようになったんだろう。作品を見続けてるファンとしては、成長が伺えて嬉しい限り。まさしく有能。

    でもこれで弱点が「オカルトに弱い」だけになってしまった。腕っ節が弱くてオカルトにも弱い、ついでに女性にも弱い、が、冠城の愛すべきウイークポイントだったんだけどなぁ。ウイークポイントと言えば、今回登場した2代目相棒の神戸尊はいつまでたっても血や死体に弱いままだったのにね。その及川光博さんも今回、共にアクションシーンに挑んでますが、動きのキレは反町さんの方が良かったかな。まぁ台本には書いてなくて現場でびっくりしたということなので、準備が出来てなかったのかもしれません。だけど、仮面ライダー3号なのだからもっとキレキレの格好良い決めポーズをつい期待してしまった。(テレビ朝日だけにね)及川さんで一つ気になったのは、声が掠れ気味なこと。昨年は、プライベートで大きな出来事があったり、歌に芝居に精力的に活動をしていたのでその疲労なのかもしれませんが、歌手だけに気にかかります。よく休養を取られて美声に戻られることを願ってます。

    さて、肝心のストーリーはというと、事件が複雑に込み入ってるのは大いに結構なのですが、あれもこれもと欲を張った結果なのか要らない画と要る画のバランスが今ひとつだったのと、ストーリーのそこかしこにツッコミどころが見られたのが少々残念。要は詰めの甘さなのですが、開局60周年記念のような作品は豪華キャストが優先ポイントなのであまり細かいことは気にしない方が楽しめるということでしょう。

    これを機に青木が特命を去ってサイバーセキュリティ対策本部に逆戻り。外で3人で行動して事件を解決するということが無かった気がする。彼は一体何しに来たんだ。特命でもっと面白い使われ方をするのかと期待してたんだけど、結局いじられ役で終わって去って行ってしまった。

    そして最後に、強い冠城に対して「降参」と白いハンカチを出した暴力団の頭役を演じた陣川警部補の弟…おっと違った原田龍二さんの弟の本宮泰風さんが良い味を出してた。(ここもツッコミどころの一つで、暴力団が絡んでるのだから組対5課の活躍をちらっとでも見たかった)

    おや(右京風に)、走り書きと言いつつ長くなってしまった。仕方ないかな「相棒」だとついつい熱が入ってしまうから。総じて今回のスペシャルは、私的には伊丹・芹沢コンビの出演が多くて良かった!が、一番に伝えたい要点。ここまでの長い感想とまるで関係のないオチで相済みません。

    「相棒 17」web site:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

    2015.05.29 Friday

    ドラマ「Dr.倫太郎」

    0
      録画していた第1話を鑑賞したものの、思うところあって第2話以降は見送ることに。

      主役の堺雅人さんは精神科医という難しい役をご自分の個性を出して見事に演じてらっしゃってとても素晴らしいのですが、しかし、制作側の「数字」に対する努力(言い換えるならあざとさ)が鼻についてしまい、続きを見る気持ちが萎えてしまったのが理由です。

      「かぶき者 慶次」を面白く見ている自分には、「Dr.倫太郎」のような作りのドラマはもう年齢的に合わないのだということが分かりました。

      でも映像が綺麗でキャスティングの狙いが分かりやすいので、十代の子や若い子には人の心の複雑さを学ぶいい機会なのではないかと思います。そういった意味では若い子にほどおすすめのドラマかも知れません。

      2015.05.11 Monday

      2015年1〜3月ドラマ感想

      0
        5月も半ばになろうかという今頃になって今年の1〜3月のドラマについて振り返るとはのんびりさんもいいところ。(てへ)

        時間に余裕がなかったというのもありますが、さて、見たドラマは「美しき罠 〜残花繚乱〜」「まっしろ」「○○妻」「ゴーストライター」「ウロボロス〜この愛こそ正義〜」の5本。近年ドラマ離れをしていた自分としては珍しく一挙に5本もの気になる作品がありました。

        これらの中で全話レビューを書いたのは「美しき罠 〜残花繚乱〜」のみ。さすがに5作品もの全話レビューは荷が重かったので1作品に絞って。何故この作品を選んだかというとズバリ直感でとしか言いようがなく、いざ放映が終わってみるとやはり他の4作品は私には全話レビューし難い内容であったので中途半端に手掛けなくてよかったかな、と。

        そんな訳で全話レビューはこちらのページです→「美しき罠 〜残花繚乱〜」レビュー
        レビューは書き終えてますが、一度にUPせず小出しにします(^^;
        レビュー・感想文サイト「CHAOS ∞」のページが開きます)



        「まっしろ」は、途中で「視聴率が悪くてすみません」なんていう謝罪があったりして何で謝罪しなければならないのか訳分かりませんでしたが、これはナース達の奮闘が楽しい作品でありました。色んなタイプの女性のナース姿がよかったです。そして女性の多い職場の”あるある”な問題を如実に描いているところもあってなかなかに見応えのある内容でした。

        まっしろ DVD-BOX
        まっしろ DVD-BOX
        posted with amazlet at 15.05.11
        TCエンタテインメント (2015-07-29)売り上げランキング: 15,687


        「○○妻」は、終盤は泣きました。一人の人を徹底的に愛することの切なさと難しさが描写されていました。東山紀之さんと柴咲コウさんの掛け合いの間合いが楽しく、お似合いだったのがよかったです。ただストーリー中、何かを引き起こす動機の弱い部分があったのが気になった点で、役者さんの力技で引っ張っている印象が若干ありました。

        ○○妻 DVD-BOX 6枚組
        ○○妻 DVD-BOX 6枚組
        posted with amazlet at 15.05.11
        バップ (2015-09-16)売り上げランキング: 60,300


        「ゴーストライター」は、中谷美紀さんと水川あさみさんの競演がお見事でした。難しい題材だけにどうオチを付けるのかが非常に気になってましたが、「なるほど。そう来たか」が味わえるいい展開でした。子供っぽい正義を押し通さず大人の関係を保ちつつゆるやかに変化して行く様が良かったです。そして何よりも中谷美紀さんの動きの美しさ。動作、台詞の抑揚、どれもが美しかったです。

        ゴーストライター DVD-BOX
        ポニーキャニオン (2015-07-01)売り上げランキング: 53,558


        「ウロボロス〜この愛こそ正義〜」は、鑑賞中。小栗旬さんのヤクザ姿は格好よく、また生田斗真さんのこう見えて実は強い刑事姿も格好よいのですが、私が最も格好いいなぁと思って見てるのが武田久美子さんの姐さん姿だというのは、ここだけの話。久美子姐さん似合い過ぎ。ストーリーについては、そういう設定なのだから仕方ないと言えばそれまでなのですが、色々とツッコミどころはあり。それさえもひっくるめて総じて楽しめる作品という感じであります。旬な俳優さんが多数出ている点もプラス材料かと。

        ウロボロス〜この愛こそ、正義。 DVD-BOX
        TCエンタテインメント (2015-08-05)売り上げランキング: 1,547


        以上、簡単な感想でありました。
        5作品見て気づいたことは、平泉成さんが2作品に父親役として出演されていたことと、小説家が重要なポジションとなっている作品が2作品あったこと。「ゴーストライター」は当然ながら、「まっしろ」では眞島秀和さんが演じる小説家・大江淳平がわがまま患者として病院に対して難題を突きつけ、病院と医者とナースの有り様を問う内容を描いていました。

        4月からスタートの春のドラマで見る予定なのは「Dr.倫太郎」と「かぶき者 慶次」の2本。「Dr.倫太郎」は、堺雅人さんなのでとても期待しているため後ほど録画したものをまとめてドンと見る予定。「かぶき者 慶次」は、まだ見ていないけどそのうちに見始めます。

        2014.04.09 Wednesday

        天誅 闇の仕置人を見終えて

        0
          前回から時間が開いたためラスト2話は一気見。
          どんなオチの付け方になるのか、そこだけにポイントを絞って鑑賞。
          見終えてすぐに思ったのは、なかなかに爽やかな後味でよかったということ。

          最終話は、今まで思わせぶりに小出しにして来た謎を一気に解決するというクライマックスのため、一話分にしては詰め込み過ぎで描写の映像が足らず、ポンポン飛び交う説明的な台詞で足早に展開していたけれど、これもまた昨今の流れなので致し方ないのかと。

          描写力不足の筆頭は、京本政樹さん演ずる先生の過去。一人の女性を失った悲しみをサナとの戦いの最中に台詞だけで語っていたので、それがどんな情景だったのか想像するのが追いつかなくて残念だった。アクションの映像と語る先生の表情と過去のイメージ映像とが交互に描写されているとシーンが盛り上がったような気がする。

          そんな中にあって、正子を演じる泉ピン子さんが圧巻の表現力だった。最終話は、失踪した娘の安否を気遣う親の顔と裏の顔とがほぼ同一線上にある難しい役どころとなっていたが、これを見事に演じ切っていた。正子の最大の武器はその人間味というのがよく伝わる感動的な演技だった。

          主役のサナを演じた小野ゆり子さんは、最後まで演技の芯にブレがなかったのがよかった。忍のため寡黙で台詞の少ない役であったけれど、眼光の鋭さがいつもあって凛としていてよかった。

          反響しだいでは続編があるのだろうか。もしあるのなら次回もぜひ見たい。

          2014.03.06 Thursday

          天誅 闇の仕置人 第6話を見た

          0
            まさかの「おしん」コンビ復活!
            「おしん」で少女時代を演じた小林綾子さんがゲスト出演。泉ピン子さんと共演。
            幼稚園に通う男の子の母を演じる小林綾子さんにピン子さんがお節介な言葉をかけるシーンは見どころ。

            他にも犯罪グループの一人に紫吹淳さん、犯罪グループのリーダーにしてNo.1(?)ホスト役に徳山秀典さん、ホストの一人にヒロシさんがゲスト出演。(う〜ん…ヒロシにさんを付けるとなんかこそばゆいw)

            今回の社会の闇は、ママ友詐欺。大きい幼稚園に通うママたちをターゲットに、同年代の女性3人組がママ友のふりをして接近し、子を思う親心を利用して巧妙に高いブランドバッグを買わせ、商品は渡さずに金だけをむしり取るというもの。小林綾子さんが演じたのはその被害者。

            小林綾子さんの追い詰められて切羽詰まった演技が鬼気迫るものがあってよかった。息子役を演じた男の子も恐怖に怯えて泣く演技が切なくて胸が締め付けられるようだった。
            その一方で、ホストクラブで豪遊し海外旅行三昧をする犯人たちの暮らし振りが嫌味なほどに描かれており、その対比が効果的となっていてよかった。

            今回は、主要メンバーのワケありな過去を匂わせるシーンが大半を占めていたので、仕置きの展開がちょっと鈍かったかも知れない。でも、連続ドラマには後半に繋がるこういった回も必要なので、ゲスト出演者の顔ぶれでバランスが取れたといったところかと。

            よころで徳山秀典さんのなよっとしたイケメンホスト役が似合い過ぎ。「顔だけは…」って台詞がハマってたw

            2014.02.27 Thursday

            天誅 闇の仕置人 第5話を見た

            0
              今回仕置きする社会の闇は、老人ホームを経営するブラック企業。イケメン理事長が医師とグルになり入所者を次から次へと病死と見せかけて殺害し、濡れ衣を真面目な従業員に着せるというもの。

              今回は依頼された訳ではないが、真相を知った泉ピン子さん演じる正子が「許せない。許せない!」と怒りを露にし、サナらメンバーに命じるという流れ。こういう人情に厚い演技は、流石ピン子さんといったところ。見ていてイイ。

              今回の京本政樹さんの仕置き方法は、某仕事人を彷彿とさせるもの。思わず、よっしゃ来た!と喜んでしまった。

              サナは、もしかしてそうなるかな…と予測した通り、一之瀬刑事と距離を縮めつつあるよう。ちょっとベタな展開ではあるけれども、甘くならずにクールな雰囲気でいくならいいかな。様子見。

              それにしても、泉ピン子さんと白石美帆さんの嫁姑バトルが楽し過ぎるwww


              番組公式ホームページ:「天誅 闇の仕置人」フジテレビ

              2014.02.20 Thursday

              天誅 闇の仕置人 第4話を見た

              0
                今回も面白かった。柳沢慎吾さんと三ツ矢雄二さんのビミョーなパクリギャグ連発はこの際横に置いといて(笑)、現代に潜む闇の悪事を暴き出して天誅を下すシーンはスカっとする。

                泉ピン子さんが一人一人名前を呼んで「天誅!」と号令をかけるシーンは、おそらく今後のお約束シーン。赤い玉のれんの向うにいる京本政樹さんが格好いい。サナも凛々しいし、何より「承知」という声の響きが良い。

                このサナ、一之瀬刑事との絡みがいい感じ。今後どうなるのか楽しみ。

                今回描いた社会の闇は、中学生の援交。それと並行して「友だちがいなくてもいいじゃないか強くなれ。困った時は声を挙げる」を描いている。孫に喝を入れる泉ピン子さんの涙をこらえた表現が良い。

                ちょっと残念に思ったのは、依頼人と仕置人のメンバーが顔を合わせていること。これはちょっと興ざめ。連絡人以外は身を潜めているのがこういった作品の約束事だと子どもの頃に某シリーズを見て学んでるのでwww 


                番組公式ホームページ:「天誅 闇の仕置人」フジテレビ

                2014.02.13 Thursday

                天誅 闇の仕置人 第3話 を見た

                0
                  第1、2話は見逃したものの第3話を録画鑑賞。
                  放送開始前にキャストを見て興味を持っててこの度やっと見たのですが、これが分かりやすい内容で面白かったです。
                  キャストが狙い通りにハマってて小気味いいです。

                  泉ピン子さん、いいです。バシっと喝を入れるところなんかハマり役。
                  京本政樹さんは差し詰め綺麗どころだと思うんですが、でも強さもあっていい感じ。
                  柳沢慎吾さんは登場したばかりなのですが、表向きのひょうきんさと裏の顔のギャップが楽しめそう。
                  三ツ矢雄二さんは…コロコロ変わる女装が楽し過ぎるwww あ。「七色の声」が武器らしいのでこれも楽しみ。
                  そしてなんと言っても、主役のサナを演じてる小野ゆり子さんがかっこいい!肩に力が入ってる感じではありますが、でも凛とした雰囲気が素敵。彼女の周りだけ空気が違う感じがあります。

                  サナのアクションを演じてるのは誰なんだろう。よく動いててかっこ良かった。戦隊のような格好良さがあって、次も見たいという気持ちになりました。

                  余貴美子さんのナレーションも時代的なムードを醸してて良い感じですし、先が楽しみなドラマです。

                  番組公式ホームページはこちら→「天誅 闇の仕置人」フジテレビ

                  2014.01.27 Monday

                  緊急取調室 第3話を見た

                  0
                    天海祐希さんが主演ということで何となーく気になりつつも、第1・2話を見なかったTV朝日系ドラマ「緊急取調室」の第3話を見た。
                    ゲストが安達祐実さんだったので、刑事・天海祐希 vs 容疑者・安達祐実を見ようと思って。
                    で、強気でグイグイ行くタイプの天海祐希さんの役と、次から次へと華麗に嘘を吐き続ける安達祐実さんの役は、思ったようにいい具合に衝突してなかなかに迫力があってよかった。
                    けど、取調室という密室の中でドラマが進行するため体を使う動きが地味なのは仕方ないと思うのだけど、それを補おうとしてか台詞を発する際の声の演技がいささかオーバー気味のような気がした。大声でのやりとりばかりじゃちょっと単調かな…と。
                    ぼそぼそと喋るよりはずっといいんだけど、でももう少しカメラの動きとか編集のテンポとかに多様性があってもいいのかなぁ…と、そんなことをちょいと偉そうに思ったドラマ「キントリ」でありました。

                    2013.05.02 Thursday

                    ぼやきレビュー@リバース 〜警視庁捜査一課チームZ〜

                    0
                      松坂桃李くんが出るというので見たんです。動機はきっぱりとそれ。

                      日本テレビの刑事ドラマってどんなんだったかなぁ…というのをふと思い出しながら見ました。

                      色々とあるようですが、私がよく見てたのは子どもの頃に『太陽にほえろ!』、大きくなってからは『あぶない刑事』にハマッてました。

                      ドラマの中で桃李くんが拳銃を発泡するシーンが1ケ所ありました。そして犯人がスタジオ内で発泡するシーンもあり。

                      刑事ドラマも時代と共に移り変わっているので、昔のような銃撃戦のシーンは今の時代にはほとんどあり得ないのでしょうが、発泡シーンを見ると昔のドラマの名残りが感じられつい感慨に耽りました。

                      桃李くんがめっちゃ活躍してましたし、アップが多くてたっぷり堪能しましたが、満島真之介さんもなかなかいい味を出してるなぁと思いました。キャラクター作りが上手くて、目つきの鋭さが良いです。いつかこのドラマの中で桃李くんと対決してくんないかな。

                      ツッコミ所は色々ありましたが、全体としては楽しめました。桃李くんがスタジオで先生に向かって語りかけるシーンは情感がこもっていて良かったです。ツッコミの数と同じくらい見どころも色々あり。続きが気になります。

                      真面目レビューはこちら→「リバース 〜警視庁捜査一課チームZ〜」レビュー
                      レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)



                      ▲top