ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.07.06 Wednesday

ぼやきレビュー@スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

0
    特にこれといった感想もなく感慨もなく…
    おまつり気分で楽しむ作品なんだろうな…
    という感じありました…

    とはいえ、気になったことをいくつか挙げていきますと、冒頭は、この作品のストーリーの始まりを表す映像編集となっていて、その辺りは割とワクワクしました。当時の画質の荒いザラっとした感触がきちんと活きててよかったです。

    ですが、仮面ライダードライブが登場し泊進之介を追い詰めるシナリオがえげつなくてドン引きしてしまい(見るのツライなーここでやめようかなー)と思ったところへ3号が登場し、ようやく次への展開へと移ったため辛うじてラストまで見ることができました。

    3号について感じたことは、自分的には好きなデザインでした。そして変身ポーズやアクションに昭和テイストがぷんぷん漂っていて、これも自分には好印象でした。演じられた及川光博さんの重心の低いゆっくりめの語りが3号と合っていてよかったです。

    で、またまた始まったライダー同士の潰し合いに辟易しながらも、進之介の提案で始まった急展開のショッカーGPのシーンには半ば呆気にとられたものの(こりゃただただ楽しめばいいんだな)と吹っ切れ、異種格闘技並みのレースをニヤニヤしながら楽しみました。

    レースの後はクライマックスとなる最後のアクションシーンがてんこ盛りとなっていて、ラストはお定まりの展開へと。この辺りにもなると、何故だか突如現れたニンニンジャーに対してツッコミを入れるのも野暮ったくなり、とにかく大暴れして首領をやっつけろー!という気分に。あ、でも、「レッツゴー!!ライダーキック」の前奏が聞こえた瞬間には目頭が熱くなりました。子どもの頃「仮面ライダー」を熱心に見ていたわけでもないのに、歌に関しては一気に郷愁がこみ上げて来ます。

    クライマックスでの剛のシーンにやや不満。続編の「4号」のためなんだろうけど、あれはないだろうと…。霧子がもっと悲嘆に暮れるべきなのではないのかなぁ…と思う。でも多分、それもこれも「4号」のためなんでしょうけど…

    というわけで気になったことは以上です。



    2016.04.28 Thursday

    ぼやきレビュー@仮面ライダー4号

    0
      発想は良い線を行っていると思うのだけど、所々で強引な展開があるのが気になってとうとう最後までノリ切れなかった作品。

      アクションシーンはよく出来てると思うし映像の効果も素敵なのだけど、肝心の物語の筋に強引さが見られ、キャラクターが可哀想に思えて来て終盤にはストーリーのオチとは別の意味で切なくなった。

      とにもかくにも生死を簡単に口にし過ぎではなかろうか、ということ。ヒーローものは、どん底に突き落とされても一つの命に縋り付いて這い上がって敵を倒すというところに真の強さがあると信じているので、この作品のように「わたしが」「俺が」「いや、俺が」と次々と命を差し出すようなセリフが出てくると、次は誰が言う番か?という空気が漂い始めるのであまりいい展開じゃないと思うのです。

      そんな訳でこれは画面の中で繰り広げられてる世界の価値観と割り切れる分別のある大人向けの作品。そう割り切って見ると、半田健人さん演じる乾巧(いぬいたくみ)が愛おしくなり、声で大活躍の関智一さんの芸達者振りが楽しめ、仮面ライダー4号の声を演じた松岡充さんの危うくて格好よい声が味わえます。


      2014.10.03 Friday

      ぼやきレビュー@仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z

      0
        めっちゃカオスな作品でした。
        ライダーと戦隊と宇宙刑事が普通に会話してるのってやっぱ不思議です。
        勢揃いした画面を見ると色合いがカオス…。

        それと、この手のはちょっとパターン化しちゃってるのかなぁ…と感じました。
        あの手この手でヒーローの共演をやってきているので、ときめきが薄れて来ちゃってます。
        私がもともと特撮ものに詳しくないというのもあるのですが…。

        そんな中、ちょっと嬉しかったのがシンケンイエローの登場シーン。
        ほんの少しだったけど、シェリーとの共演!
        ダブル森田涼花ちゃんシーンは楽しかったです。

        後、どうせだったら初代ギャバンも最後に地球に来て一緒に戦って欲しかった。
        でも偉くなったからもしかしてもう蒸着できないのかな。


        真面目レビューはこちら→「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」レビュー
        「レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜」のページが開きます。



        2014.01.27 Monday

        ぼやきレビュー@仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGAMAX<ディレクターズカット>

        0
          えっと…すいません…私にはどこが具体的に追加となってるのか分からなかったです(汗)。でも全体を通して長くなってることは分かりました。それぐらいです…ハイ…。(『オーズ』にも『フォーゼ』にもあまり入れ込んでなかったので、両作品への愛着が希薄なのがその原因かと…)
          いや、本当にもう…申し訳ない…。
          でも『オーズ』にはまだお気に入りのキャラがいたので楽しめました。
          そ、それぐらいかな…(大汗)。

          真面目レビューはこちら→「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGAMAX <ディレクターズカット>」レビュー
          レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)



          2013.10.02 Wednesday

          仮面ライダーウィザードの特別編を見た

          0
            相方さんから「井上正大くん出るよ」と教えていただき、第52・53話のみ録画して一気見。

            『ウィザード』は全然見てないので暴挙に近いことだけど「特別編だから。ま。いっかー」と軽いノリで鑑賞。で、見始めてすぐに感じたのは(何、このカオス状態…)ということでありました。

            パラレルな世界になるんだろうなぁ…ということぐらいは予測はしていましたけれど、別世界を説明する台詞が多過ぎて所々ついて行けず。

            とはいえまぁ昨今のライダー大集合の作品はえてしてそういう傾向なので、その辺のややこしさは物量作戦で勝負よ!つーことで矢継ぎ早に登場するライダーのアクションを目と耳で楽しむことに集中しました。

            新作の鎧武がお披露目登場。デザインも音楽も和のテイストが盛り込んであって世界観が出来てる感じ。響鬼と組んだら良さそうな気もするけど…まぁそれは置いといて。

            井上くん、やっぱ立ち姿が格好いいなー。パっと見た時の印象が変わってないのがいい。イメージをキープするって大切なことだと思うんだけど、それが出来ててよかよか。ただ演技が少しオーバー気味になったかな。舞台とか経験してるからかも。変身する時のちょいと投げやりな感じのクルっと回す仕草が見れてよかった。やっぱりスマートな若いイケメンって宝だわw

            2013.08.26 Monday

            ぼやきレビュー@仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

            0
              鑑賞直後の感想は…やり過ぎ…。
              こうまで詰め込んでいっぱい出さなくてもいいよね…と思いました。

              眼福だったのはイケメンくんたちのビジュアルをたくさん見れたことで、久しぶりに見た井上正大くんは背が伸びたんじゃないか?っていうぐらいスマートになって大人びてました。戸谷公人くんは、髪型が似合ってた。あれでもっと爽やかな好青年役だったら良かったのになぁ…。でもそれじゃ海東じゃないんだけどね…。

              我が家には2人の息子がいて、暇さえあればいわゆるヒーローごっこをして遊んでいます。
              フィギュアを使って遊んだり、体を使ってアクションのまねごとをしたり。
              子どもたちのごっこ遊びですからそこに作品の壁はなく、ライダーも戦隊もウルトラマンもガンダムもマクロスもすべてごっちゃになって文字通りカオス状態で遊んでいるわけです。

              で、

              今回『スーパーヒーロー大戦』を見た時に、これはそういう子どものごっこ遊びが公式に作品化されたものなんだな…ということを感じました。さすがにウルトラマンやアニメのヒーローは出て来ませんが、この作品はそういうものだと思うと案外きっかけは単純なもののような気もしますが、それを埋めようとしてかストーリーが『ディケイド』ベースになっているのが、一筋縄ではいかないところというか何というか。

              小学3年生の次男坊が言いました。
              「何でディエンドはビッグマシンに乗ったんだ?」と。
              あぁ…やっぱりな…と思いました。
              単純でまっすぐな子どもの思考には、海東のこじれた心理状態など理解出来んのです。
              だから小さい子にしてみたら誰が一番の悪者なのかよく分からんまま終わっちゃった気のする作品なのです。下手をすれば海東が悪のカリスマ的存在。
              終わりよければすべてよし…みたいに強引な爽やかな流れで終わってましたが、後味は今ひとつの作品です。それだけは確かです。

              真面目レビューはこちら→「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」レビュー
              レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)



              2012.09.11 Tuesday

              ぼやきレビュー@仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ×オーズ MOVIE大戦 MEGAMAX

              0
                お〜〜〜これはとっても面白かったです。正直いつものパターンかなと思い、あまりテンションが上がらない状態で見始めたのですが、これはこれまでと違ってました。いい構成です。楽しめました。

                私は「フォーゼ」を今回初めてまともに見たのですが、仮面ライダーとして見ると違和感ありなんだけど、これはこれで単体として見ると楽しそうな作品だなぁと思いました。地上で変身する度に「宇宙キターっ!」って言うのはちょっとヘンテコで面白い。「キターっ!」と言えば、「彼女キターっ!」が面白かった。

                「W(ダブル)」の翔太郎とフィリップがちゃんと役割があって活躍しててホントに良かった。ジョーカーの変身シーンもしっかりちゃんと見れたし。

                真面目レビューは褒めポイントでまとめましたが、ここで一点気になったことを挙げると、クライマックスのシャトルの上でのアクションシーンは、まるでゲームの映像のようでちょいと引いてしまいました。「フォーゼ」がいるので宇宙に行くシーンがあって当然なのですが…。

                それにしても宇梶剛士さん、益岡徹さん、鶴見辰吾さんを仮面ライダーで見る日が来るとは…何だか長生きするもんだなぁ的な心境に(笑)。かつてトレンディドラマで活躍したお三方も渋いイイ味のおじさま俳優になりました。

                真面目レビューはこちら→「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ×オーズ MOVIE大戦 MEGAMAX」レビュー
                レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)



                2012.09.10 Monday

                ぼやきレビュー@仮面ライダーW(ダブル) RETURNS/仮面ライダーエターナル

                0
                  これは、うっかりすると大ハマりしちゃいそうな作品。

                  大道克己というキャラに入り込んじゃうとどんどん深みにハマってっちゃう魅力がある。松岡充さんの表現力もあってこそかと。

                  アクションシーンが過激で怖かったです…。ストーリーの内容は切ない部分があってよかったのですが…。

                  映画とキャラの動きが被るシーンがあったのもよかったです。

                  エンディングのテロップで、亜樹子の姓が照井になってた。ということは、「仮面ライダーアクセル」の後なんかな…あの騒動の前か後かで亜樹子を見る目がちょっと変わって来るんだけど(笑)。

                  そしてやっとこ坂本監督らしさみたいなものが掴めて来た。(遅くてすいません)今回も美脚アクションが眼福でありました(笑)。

                  真面目レビューはこちら→「仮面ライダーW(ダブル) RETURNS/仮面ライダーエターナル」レビュー
                  レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)



                  2012.09.03 Monday

                  ぼやきレビュー@仮面ライダーW(ダブル) RETURNS/仮面ライダーアクセル

                  0
                    木ノ本嶺浩くんが凄い動いてた。まっすぐに突き進んでく姿がかっこよかった。終盤、ボロボロになって這ってでも亜樹子を助けに行くところもかっこよく映ってた。

                    でも新婚家庭のシーンをもっと見たかったかな。

                    Wのアクションシーンは少なかったけど、それでも豪華な感じはあったし、翔太郎とフィリップは結構出番があったので良かった。

                    最後は、希望が感じられる終わりで良かった。予想以上にかっこよくてしっかりした作品でした。

                    真面目レビューはこちら→「仮面ライダーW(ダブル) RETURNS/仮面ライダーアクセル」レビュー
                    レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)



                    2012.08.31 Friday

                    ぼやきレビュー@仮面ライダーW(ダブル)FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ<ディレクターズカット>

                    0
                      ディレクターズカット版というのは、これまでほとんど見た事がなかったのですが、見てみると人間ドラマに厚みが増して良いものでありまするね。

                      でも、素朴な疑問として何でこれが劇場で公開されなかったんだろう???とハテナマークだらけ(この作品に限らず)。どこにどんな思惑があってどういう経緯でもってディレクターズカット版なるものがこの世に誕生したのかまったくもって不可思議でありますが、でも人間ドラマの厚みが増したよりよい作品を見れるならば「よし」であります。

                      でもディレクターズカット版て裏レビュー書き難いな(苦笑)。だからありまっせん(笑)。真面目レビューに感じたことをそのまま書きました。

                      真面目レビューはこちら→「仮面ライダーW(ダブル)FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ<ディレクターズカット>」レビュー
                      レビュー・感想文サイト〜CHAOS ∞〜のページが開きます)



                      ▲top