ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.07.22 Wednesday

夏休み中に高1の息子に「2202」のヤマトを建造してもらう

0
    ↑タイトルがそのまま記事の内容なのですが…明日から3週間の夏休みに入る高1の次男に「1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202」の模型を作ってもらいます。

    2202_1

    コロナの影響で部活動がほとんどなく時間に余裕があることと、近頃”アニメの宇宙戦艦”に興味を持ち始めた次男が「ヤマトを作りたい!」と熱望したため、それでは「作ってもらいましょう」と購入。

    「作ってもらいましょう」というのは、「ヤマト」は私のテリトリーなので(笑)、完成後は私のPCスペースの近くに飾るため。そのため私が購入し、次男が作るという役割分担。

    ちなみに次男はすっかりガンプラオタクで、次男の机の脇に置いてる飾り棚にはガンプラがズラリ。次男の趣味は渋く、ジム推し。何故そういう好みになったのかは不明。

    次男本人は、アーガマかラー・カイラムなど「ガンダム」に登場する戦艦を作りたかったようですが、ネットでようやくアーガマを見つけても色分け済みされてないため次男はやる気が出ず(次男は素組み専門)、ならば「ヤマトを作る」となったしだい。

    渋い趣味の次男は、「2199」に登場するコアシップのないデウスーラII世を欲しがっていたのだけどメカコレ以外で見つけることができなかったので、だったら王道のヤマトを作るしかなかろうと、「2199」のヤマトは以前に長男が作ってあるので「2202」のヤマトを作ろうということに。ちなみにこれ、メカコレのゆうなぎ付きとなっているのですが、中を見たら「メカコレきりしま」と書いてあるパーツの袋が入っていたのですが…はて?

    2202_2

    次男にはガンプラで鍛えた腕があるのでおそらく制作に問題はないと思うものの、HGの経験しかない上、初めての戦艦作りとなるので先ずはパーツの多さと出来上がりサイズに多少戸惑うことが予想され。でもこれも経験なんで私のために作ってくだされ(笑)

    2202_3

    おっと。ちなみに次男には「ヤマト」の作品は少々教え込んであります。先日「2199/追憶の航海」を鑑賞し、夏休み中には「2199/星巡る方舟」を鑑賞予定。

    最後に。
    バンダイさま。
    ガンプラ40周年おめでとうございます。
    記念イヤーに色分け済みのラー・カイラムを発売してくださると、いの一番に購入させていただきます。
    作るのは次男で、買うのは私で、飾る場所は私のPC前。当然(笑)

    各画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます。




    JUGEMテーマ:宇宙戦艦ヤマト




    2020.05.04 Monday

    2020年 -sakura・桜- 見納め

    0
      近所の川原にて撮影。
      観光地ではないので、草刈りをしてる男性以外に訪れる人もなく。
      一週間前スーパーの近くで撮った時は晴れでしたが、この日は曇り。
      毎回桜を撮る時は、晴れなら晴れで曇りなら曇りで絞りに苦労します(私が下手なだけなんですが)。
      よって多少加工してます。
      温かい目で見たってください。
      画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます。

      2020sakura_4

      2020sakura_2

      新芽に希望を感じつつ。
      来年は感染の不安などなく穏やかな気持ちで桜を見ることができますように。

      2020sakura_3

      散り始めていたので今年はこれで見納め。
      散っている光景を動画で撮ってまとめたものをTwitterにupしました。
      ついでにご覧いただけるとこれ幸い。
      こちらです→https://twitter.com/kubota2012/status/1257216682486976513

      2020sakura_1

      Camera:Nikon D5200
      Lenz:AF-S NIKKOR 18-55mm

      JUGEMテーマ:




      2020.04.26 Sunday

      2020年 -sakura・桜-

      0
        週末に通うスーパーに隣接する敷地内の桜。

        sakura2020-1

        毎年桜が開花すると週末には多くの家族連れが訪れて賑わっていたのだけど、今年は人影がまばらでひっそりとした空間となっていた。

        いまだ感染者数0を記録している我が県でも不要不急の外出自粛は守られてる様子。

        sakura2020-2

        去年の今頃は、カメラを抱えてダムと桜の撮影に行きたいと思っていたのだけど叶いそうにない。

        来年には叶うことを、空に向かって懸命に伸びる桜の枝に願いを込めて。

        sakura2020-3

        sakura2020-4

        iPhone11にて撮影
        画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます

        JUGEMテーマ:




        2020.02.03 Monday

        玄武風柳亭に行って来た

        0
          といっても、行ったのは去年の12月16日のことですが。
          写真はすべてiPhone11にて撮影。画像をクリックすると大きいサイズで見ることができます。

          宿の名前の読みは「げんぶふうりゅうてい」。
          岩手県雫石町に流れる葛根田川沿いに玄武洞という景勝地があり(平成10年9月の地震により大岩が崩落したため現在は立ち入り禁止)、そこからやや下流のエリアにある宿。
          ↓陽が陰っていたため暗めの写真ですみません。

          玄武1

          その宿で日帰りコースを体験して来た。日帰りとはいえ一人での宿の利用は初めて。平日なので他に客が少ないだろうという見込み通り、館内はひっそりとしていて私と同じ日帰り利用をしていると思しき年配の夫婦が一組いるだけだった。そのためひとりでも自分のペースで静かに昼食をいただくことができた。

          最近めっきり食が細くなった私には量は多過ぎたが、作り置きの常備菜でも私には十分なご馳走。どれも温かいまま食することができるのは嬉しい限り。
          奥に見える鍋は、豚肉のすきやき。デザートは、ジャム入りヨーグルト。

          玄武3

          用意していただいた部屋は簡素な作り。でもお一人利用の私には十分。制限時間内ここで自由に時を過ごしていいのだと思った時、ホッと息をついた。

          玄武2

          実はこの時期、家庭でも仕事でもストレスが積み重なっていて心身がかなり擦り減っており、そこへ追い討ちをかけるように車の走行中に強引に合流した車にボディーを擦られるという接触事故を起こされ、半年前に購入した新車を傷つけられたショックに打ちひしがれていたため、少し現実世界から離れようと思って人里離れたこの宿へやって来たしだい。(ちなみに車の接触事故は、2年越しで1月下旬に保険会社を通して解決済み。愚痴になりますが、完全に相手に非のある事故だったのに一言も謝罪が無かったことを今でも恨みに思ってます)

          制限時間は5時間。その間に温泉にゆっくりと浸かり、ゆっくりと昼食をいただき、ゆっくりと部屋で昼寝をし(といっても屋根から落ちる雪の音でビクッとしたので寝たというより横になった程度ですが)、なんてことやってたら残り時間は2時間もなく、できたら持ってったPCで映画を1本でも見ようと思っていたのを断念し、代わりに新作「銀河英雄伝説」を少し見て宿を後にした。
          温泉宿だとやることが多くて一人でも5時間はあっという間だなと思った体験だった。

          写真は撮れませんでしたが、雪景色の葛根田川を眺めながらの露天風呂は気持ち良かったです。

          玄武風柳亭(げんぶふうりゅうてい)のHPはこちら→http://www.genbu-furyutei.jp/

          楽天トラベルのページ







          JUGEMテーマ:日帰り温泉




          2019.10.05 Saturday

          早池峰ダムに行ってきた

          0
            秋晴れのもと花巻市にある早池峰ダムに行ってきた。
            当初は田瀬ダムに向かっていたのだけど、交通量が思いの外多くナビの到着予定時刻が段々と遅くなっていくのを見るにつれ心が折れてしまい、途中で見かけた早池峰ダムの看板に引き寄せられて行き先を急遽変更したしだい。

            早池峰ダムは稗貫川上流域にあり、平成12年3月に完成した重力式コンクリートダム。ダムの長さは、東京タワーと同じ333メートル。洪水時や雪どけ等の水の多い時期に水を貯め、渇水など水が必要な時期に水を放流する役割とのこと。
            各画像は、クリックすると大きいサイズで見ることができます。

            横にまっすぐに伸びる堤頂長333メートル。気持ちがいいです。

            hayachine_1

            hayachine_2

            ダムから川へ、そして田畑へと水は流れていきます。

            hayachine_3

            hayachine_4

            ダム本体と通路の隙間の向こうにダム湖が見えます。
            水が壁を流れる様子を一度は見てみたいです。

            hayachine_5

            堰き止められてダム湖となっている岳川。

            hayachine_6

            ダム湖の一部の上に架かっている岩手県道43号線盛岡大迫東和線と、ダムの資料館。
            iPhone11にて撮影。比率は、4:3。
            最新のスマホってこんな明るく綺麗に撮れるんだなぁ。

            hayachine_7

            早池峰ダムの詳細は、こちらからどうぞ→「岩手県 県南広域振興局 花巻土木センター 早池峰ダム」https://www.pref.iwate.jp/kennan/hana_doboku/hayachine/index.html


            ダムに行こう! (空撮DVD付き ダム写真集)
            萩原 雅紀 庄嶋 與志秀 学研プラス 売り上げランキング: 166,988



            JUGEMテーマ:ダム




            2019.09.14 Saturday

            湯田ダムに行って来た

            0
              前回行った四十四田ダムと同じ北上川と五大ダムの一つ、西和賀にある湯田ダムまでドライブに行って来ました。

              天気は、ポツポツとした雨交じりの曇り。前回に続いてまたもや曇り空。そのため、写真の色味が全体的に灰色。ダムを撮ってるんだからコンクリート色なのは当然だろ、というツッコミも甘受しつつ。

              ダムへの入り口は狭く、山道の途中にあるため、上り車線にしろ下り車線にしろ入りづらい位置に。入ってすぐのところに白い四角い建物があり、これが「きんしゅうこものしり館」。はっきり言って駐車場は無いに等しく、車いすマークの1台分のみ。ここに停めるのはさすがに気が引けるので、奥まで入って車を停めました。

              画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます。

              湯田ダム1

              湯田ダム4

              湯田ダム2

              湯田ダム3

              コンクリート部より向こうに見える和賀川に水はなく。

              湯田ダム5


              湯田ダム7

              湯田ダム完成までの歴史の特徴は、11年もの年月がかかっていること。昭和28年着工、昭和39年竣工ということは、四十四田ダムより4年先輩。長い年月がかかった理由は、水没戸数600戸、鉄道付け替え15km、道路付け替え39kmという当時わが国最大の水没規模だっため。こうしたデータを見るだけでもダムの一大事業の大変さが窺えます。

              湯田ダム8

              ダムの形式は、重力式アーチ型。

              湯田ダム9

              反対側には、錦秋湖が広がっています。

              湯田ダム10

              北上川五大ダムの情報はこちらから→北上川ダム統合管理事務所 http://www.thr.mlit.go.jp/kitakato/index.html

              次のドライブは晴天を祈るばかり。


              ダムに行こう! (空撮DVD付き ダム写真集)
              萩原 雅紀 庄嶋 與志秀 学研プラス 売り上げランキング: 166,988



              JUGEMテーマ:ダム


              2019.08.15 Thursday

              四十四田ダムに行って来た

              0
                梅雨明け前、曇り空の下、四十四田ダムに行って来ました。

                実は「ダムに行こう!」という本を持っているくらい、ダムにはちょっとした好奇心をそそられています。

                巨大な人工物が大量の水を堰き止めてコントロールしているところに、自然と人間のせめぎ合いと共生の模索の終わりのない挑戦のようなものを感じます。

                画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます。

                四十四田ダムは、コンバインダム型式ながら両脇をアースダムが固めているという、今で言うハイブリッドな造りとなっています。昭和43年10月に完成。今から50年前。

                dam1

                構図が斜めってしまったため今ひとつな写真となってますが、ここの上に立って水面を間近に見つめて「うわ〜〜〜」と怯えたいです。

                dam2

                真上から見たところ。水面は至って静か。しかし、一旦放流が始まると表情を一変させるかと思うとドキドキします。

                dam3

                北上川五大ダムの司令塔である四十四田ダムの資料室では、他の4つのダムのライブカメラの映像を一堂に見ることができます。

                dam4

                北上川五大ダムの情報はこちらから→北上川ダム統合管理事務所 http://www.thr.mlit.go.jp/kitakato/index.html

                ダムに行こう! (空撮DVD付き ダム写真集)
                萩原 雅紀 庄嶋 與志秀 学研プラス 売り上げランキング: 114,644



                JUGEMテーマ:ダム



                2019.07.20 Saturday

                愛車自慢

                0
                  メーカーサイトへ投稿した写真が月間ベストショット賞を受賞しました。
                  本当はここにもっと早く写真をアップしたかったのですが、賞の結果待ちをしてた関係で納車から1ケ月後にようやく。(見る人が見れば車種は分かると思うので、敢えて車種等のデータは書きませんです)

                  受賞した写真をそのまま載せるわけにもいかないので、代わりに真横の写真をアップ。
                  画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます。

                  VEZEL_1

                  車内空間のゆとりを気に入ってるので、落ち着いた気分で運転できるところが良いです。
                  仕事からの帰り道、磨り減った心身の癒しにちょうどいい感じ。
                  もちろん外観も気に入ってます。

                  VEZEL_2

                  先日の岩手県民の森へのドライブ時、帰宅後車体を点検したら、ヘッドライトのパーツの隙間にハチが挟まってた。
                  夏場の山道ドライブは、もれなく虫が付いてきます。

                  2019.07.08 Monday

                  盛岡市の中央公園に行って来た

                  0
                    梅雨晴れに誘われて盛岡市本宮にある中央公園に行って来ました。
                    (画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます)

                    空に向かって生い茂る新緑が気持ちいい。

                    中央公園_1

                    広い芝生に休憩場所もあったり。

                    中央公園_2

                    中央公園_3

                    芝刈り作業中でした。

                    中央公園_4

                    季節の花。

                    中央公園_

                    公園内の丘の頂上から撮影。こういう一直線に伸びる道路は気持ちいい。

                    中央公園_5

                    トイレをお借りしました。

                    中央公園_7

                    遊具の向こうに見える二つのトンネルは、盛岡駅エリアと盛岡駅西方面エリアを繋ぐ道路。

                    中央公園_8

                    撮影しながらぐるっと一周、およそ1時間。いい散歩でした。

                    2019.06.26 Wednesday

                    岩手県県民の森に行って来た

                    0
                      新車を購入したため、慣らし運転と称して(現代の車は不要らしい)、「岩手県県民の森」までドライブに行って来た。
                      (岩手県県民の森公式ホームページ→http://kenminnomori.com)

                      画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます。

                      岩手県県民の森1

                      ここへは、岩手山パノラマラインを通って行って来た。
                      「岩手山を眺めながらドライブを楽しめる」ということで通ったのだけど、木々の枝が伸び盛っていてほとんど見えなかったのが残念。

                      岩手県県民の森2

                      様々な種類の樹と光の陰影が生み出すコントラストが美しく、そこにいるだけでゆったりとした気分に。

                      岩手県県民の森5

                      平日の午前中だったため他に訪れる人もなく、独占状態。
                      新車と共に落ち着いて撮影することができて久々に安らぎの時を過ごせた。

                      岩手県県民の森4

                      森は、新緑に彩られていて生命の息吹も感じつつ。

                      岩手県県民の森3

                      やはり晴れた日のドライブと撮影は快い。
                      私は現在は撮影の仕事を辞めて全く別の仕事をしてるので、こんなまともな撮影は数ヶ月振り。
                      だけど、カメラを持つと自然とやる気が湧き上がる。やっぱ私は写真が好きなんだな。

                      岩手県県民の森6

                      さて、新車の乗り心地は最高。年齢を考慮して自分の欲しいものを買ったという点でかなり満足。これまで中古車含め6台乗り継いで来た中で、乗せる人のことよりも自分の希望を優先したという点では、かなり贅沢な買い物。
                      ま、購入までには、何だかんだと長い付き合いになってしまったディーラーの営業担当者との表面上はにこやかに、だけど内心ではお互いの出方を見つつ大人の駆け引きを演ずるという交渉をしたわけですが。
                      こういう時、一人の営業担当者と長い付き合いになるのも考えものだなぁ…と思いつつ、その反面、要望を遠慮なく言える良さもあるしで、どっちもどっち。そのことを営業担当者も分かった上でこっちの出方を窺ってるのに腹が立つ(笑)。向こうも遠慮なくお強請りして来るからね。ま、これからも点検だ何だと付き合いが継続するのは決まってるので結局のところ、これからもどうぞよろしく、といったところです。
                      さぁ、またもやローンの始まりだ。くたばってられないなぁ。


                      JUGEMテーマ:ドライブ



                      ▲top