ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.05.20 Saturday

東北農業研究センター 菜の花公開2017

0
    5月14日に東北農業研究センターの「菜の花公開2017」に行ってきました。

    前日の天気は雨でしたし、この日もあいにくの曇り空。

    晴れてると菜の花畑の向こうに岩手山が見えるんですけれども…

    2017nanohana_1

    2017nanohana_2

    そのため↓下の写真2枚は、加工して少しでも明るめにキラキラ感を演出してみました。

    2017nanohana_3

    2017nanohana_4

    2017.05.15 Monday

    ZenWatch 2の充電台を自作する

    0
       主人が使用しているZenWatch 2は、スマートウォッチだけに充電が必要不可欠なのですが、マグネット式充電となっており、端子部分の突起が小さいために外れやすく、また使い続けているうちにカチッとハマらなくなってきたため、何か手立てはないものかとネットで検索したところ、充電スタンドを自作するというページを見つけましたので真似することにしました。

       参考にさせていただいたのは、
       「300円で作るZenWatch 2の自作充電スタンド」行き着く先はあんこ さん)
       と、
       「ZenWatch 2自作充電テーブル(スタンド?)」novel99 さん)
       のお二方のページです。

       先ずは、どうやらケーブル自体にも問題があるようでしたので、Amazonにて「ASUS ZenWatch 2 交換用 充電用USBケーブル Vikoo ZenWatch 2 対応 充電ケーブル」を購入。

      ASUS ZenWatch 2 交換用 充電用USBケーブル Vikoo ZenWatch 2 対応 充電ケーブル (ZenWatch 2, ブラック)


       次に、安さ重視で100均のセリアにて、園芸コーナーにある発泡スチロール製のブロックを購入。

      ZenWatch_1


       次に、息子の彫刻刀を借りて充電器の形に合わせて掘る。

      ZenWatch_2


       完成。

      ZenWatch_3


      ZenWatch_4


       充電ケーブルこそ買ったものの、充電台に関しては108円の出費で済みました。

       発泡スチロール製なので、切り口が多少ガタガタしてますが、自宅でしか使わないためこれで十分です。

       使用感は文句無し。むしろ満足です。今まで充電の度に端子がハマらなくてイライラしてたのが、一気に解消しました。

       見た目にこだわらない方で、充電方法にお困りの方は、自作するのもよろしいかと思います。

      2017.04.21 Friday

      2202 第2話の気づき

      0
         ネタバレですのでご注意ください。(今回も商品画像でも載っけて行間稼ぎします)





         観艦式のシーンで、奥からキーマン、バレル、芹沢副長、藤堂長官と並んで会話しているのを見て、芹沢副長の顔の大きさにちょっとばかり吹いてしまった。

         面積だけなら彼が一番だよね。

         それと、メイン・レビューでも触れましたが古代とユキのデートシーンがなんか堅苦しくてつまらない…(がっくり)

         ふたりきりでもあんな軍隊口調が度々出てくるのはちょい勘弁。

         二人とも軍勤務だからそういうノリが通用するのはわかるけど、見る方はそういうの望んでないんだよなぁ…

         それとも二人はそういうプレイがお好みですか…

         ならば野暮というものですね…ハイ…

         メインのレビューはこちらのページになります→「宇宙戦艦ヤマト2202/愛の戦士たち」レビュー(CHAOS ∞)

        2017.03.06 Monday

        2202 第1話の気づき

        0
           さぁ〜て始まりました「宇宙戦艦ヤマト2202/愛の戦士たち」。

           「2199」の時に全話レビューをしましたが、今回もする予定です。

           途中で何事もなければ完走できると思いますが…昨年9月6日の記事に書いたように作品に対して不安を覚えているため、どこかで(ダメだついていけない…)という何かしらの出来事なりストーリー展開があったら挫折するかもしれません…

           そうならないことを祈りつつ…

           メインのレビューはこちらのページになります→「宇宙戦艦ヤマト2202/愛の戦士たち」レビュー(CHAOS ∞)

           こちらのブログには、ちょいとした気づきなどをつらつらと書いていければと。

           早速「第1話 西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト」で気づいたこと。

           ネタバレになるので未見の方はご注意ください。(商品画像でも載っけて行間稼ぎします)





           アンドロメダの登場シーンを見た時に既視感を覚え、鑑賞後に何だったかなぁ…と記憶を手繰ってすぐに思いつきました。「ガンダムUC」のゼネラル・レビルの登場シーンを。

           あちらは極秘情報に接したネェル・アーガマを排除しようとして、こちらは味方艦をちゃんと退かせての登場なので、この辺が作品の性格の違いなのかと。

           でも今後古代らが謀反を起こすので、さてその際にアンドロメダはどう出てくるのか…

           多分このシーンあるよね…ん?どうかな…(段々自信なくなってくる)

           そういえば「ガンダムUC」といえば、お台場にあった実物大ガンダムが3月5日に終了し、秋からはユニコーンガンダムが立つとか。夜にはデストロイモードで赤く光るのかなぁ…と想像が膨らみますが

           おっと、「ヤマト」ネタの記事なのに「ガンダム」で終わってしまった。こんなん二昔も三昔も前だったら考えられないや。


          JUGEMテーマ:宇宙戦艦ヤマト


          2016.09.06 Tuesday

          早くも「2202」に不安を覚える

          0
            新作となる「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が、来年2017年2月25日より劇場公開されると発表がありました。公式HPはこちら→http://yamato2202.net

            公式HPを見ると右端に『この「愛」は宇宙を壊すー』というキャッチコピーがあります。
            私は見た瞬間に拒否反応を覚えまして…
            作品の印象を左右するこのコピーから期待感を得られない私は、もはや私の求める「ヤマト」はここにはないのだろう…と悟りました…

            かつて古代はズォーダーに向かってこう叫びました。

            「違うっ!断じて違う!!宇宙は母なのだ。
            そこで生まれた生命は、すべて平等でなければならない。
            それが宇宙の真理であり、宇宙の愛だ!
            お前は間違っている!それでは宇宙の自由と平和を消してしまうものなのだ!
            俺たちは戦う!断固として戦う!」

            何かと批判の多い「ヤマト」ですが、このセリフにある宇宙の真理であり宇宙の愛は「完結編」まで描いていたと思います。
            作品の根底にはずっとこれがあったと思うのです…

            ところが今度の新作では「愛」は宇宙を壊すーそうで…
            私の好きだった「ヤマト」はどこへ行くのだろう…
            コピー変えてくれないかな…悲しいなぁ…るるる…涙

            そういう訳で、初っ端からすでに乗り切れないばかりか振り落とされてる私です
            音楽のことがあるから辛うじて爪の先ほどで踏ん張っておりますが、今後何らかのフラグが立つと真っ逆さまに転げ落ちるやもしれません…

            ▲top