ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.01.19 Saturday

「相棒 17」2019年1月1日放送 第10話「ディーバ」走り書きレビュー

0
    やっと録画しておいた「相棒 17」2019年1月1日放送 第10話「ディーバ」を鑑賞したので、気づいたことを書き留め。

    今回の元日スペシャルは、テレビ朝日開局60周年記念ということもあってかなりの力の入れようで、放送日直前にはちょこちょこと情報が小出しにされたのが印象的。仲間由紀恵さんの産休明けドラマ初出演情報であったり、2代目相棒の神戸尊の登場情報であったり、その神戸尊を演じる及川光博さんと現相棒の冠城亘役の反町隆史さんの二人のアクションシーンを先行公開したりとか。

    で、そのアクションシーン。反町さんが格好良過ぎ。てか、強過ぎ。確か冠城は、始めの頃は弱くて右京さんの後ろに隠れてたりして「君、弱いですねぇ」なんて言われてた筈なんだけど、ここに来てめきめき強くなってアクションシーンが増えた。「16」では、女性を守るためにナイフで刺されるシーンも演じてるし、”やられるイケメン”もこなしてたりして、かなり幅広く頼もしい存在になった。冠城は警察官なんだから強くて当たり前っちゃ当たり前なんだけど、反町さんはいつの間にこんなにアクションシーンを格好良く決めれるようになったんだろう。作品を見続けてるファンとしては、成長が伺えて嬉しい限り。まさしく有能。

    でもこれで弱点が「オカルトに弱い」だけになってしまった。腕っ節が弱くてオカルトにも弱い、ついでに女性にも弱い、が、冠城の愛すべきウイークポイントだったんだけどなぁ。ウイークポイントと言えば、今回登場した2代目相棒の神戸尊はいつまでたっても血や死体に弱いままだったのにね。その及川光博さんも今回、共にアクションシーンに挑んでますが、動きのキレは反町さんの方が良かったかな。まぁ台本には書いてなくて現場でびっくりしたということなので、準備が出来てなかったのかもしれません。だけど、仮面ライダー3号なのだからもっとキレキレの格好良い決めポーズをつい期待してしまった。(テレビ朝日だけにね)及川さんで一つ気になったのは、声が掠れ気味なこと。昨年は、プライベートで大きな出来事があったり、歌に芝居に精力的に活動をしていたのでその疲労なのかもしれませんが、歌手だけに気にかかります。よく休養を取られて美声に戻られることを願ってます。

    さて、肝心のストーリーはというと、事件が複雑に込み入ってるのは大いに結構なのですが、あれもこれもと欲を張った結果なのか要らない画と要る画のバランスが今ひとつだったのと、ストーリーのそこかしこにツッコミどころが見られたのが少々残念。要は詰めの甘さなのですが、開局60周年記念のような作品は豪華キャストが優先ポイントなのであまり細かいことは気にしない方が楽しめるということでしょう。

    これを機に青木が特命を去ってサイバーセキュリティ対策本部に逆戻り。外で3人で行動して事件を解決するということが無かった気がする。彼は一体何しに来たんだ。特命でもっと面白い使われ方をするのかと期待してたんだけど、結局いじられ役で終わって去って行ってしまった。

    そして最後に、強い冠城に対して「降参」と白いハンカチを出した暴力団の頭役を演じた陣川警部補の弟…おっと違った原田龍二さんの弟の本宮泰風さんが良い味を出してた。(ここもツッコミどころの一つで、暴力団が絡んでるのだから組対5課の活躍をちらっとでも見たかった)

    おや(右京風に)、走り書きと言いつつ長くなってしまった。仕方ないかな「相棒」だとついつい熱が入ってしまうから。総じて今回のスペシャルは、私的には伊丹・芹沢コンビの出演が多くて良かった!が、一番に伝えたい要点。ここまでの長い感想とまるで関係のないオチで相済みません。

    「相棒 17」web site:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

    2018.12.08 Saturday

    「行きずりの街」走り書きレビュー

    0
      監督が阪本順治さんであること、主演が仲村トオルさんであること、そして小西真奈美さんが出演されているということに興味を惹かれて見た作品。

      仲村トオルさんと小西真奈美さんのシーンは、ただならぬ訳あり感が漂っていてすごくよかった。

      ふたりの関係の説明役を演じた江波杏子さんの雰囲気もよかった。

      窪塚洋介さんのただならぬ切れ者振りもよかった。

      ストーリーとしては悪くはないとは思うんだけど、詩的な部分があるかと思えば説明不足が多々あり、かと思うとバイオレンスが占める割合が多い。

      過去を説明する描写がいささか足りない気がするものの、そこは想像力を働かせろということかと。

      鑑賞後の余韻がすっきりとしていないのも、見る者の想像力に委ねるということか。

      行きずりの街 [DVD]
      行きずりの街 [DVD]
      posted with amazlet at 18.12.08
      TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2011-05-21)
      売り上げランキング: 134,556


      行きずりの街 (新潮文庫)
      志水 辰夫
      新潮社
      売り上げランキング: 581,459

      2018.08.02 Thursday

      2018年3月分 YAHOO!サムネイル間違い探し

      0
        YAHOO!アプリの「あなたへのおすすめ」のサムネイルが、記事のタイトルとズレていることがしばしばあるので、これは!と思った時に撮ったスクリーンショット・コレクションです。
        暇つぶしにどうぞ。

        2018年3月1日
        180301

        2018年3月3日
        180303

        2018年3月4日
        180304

        2018年3月10日
        180310

        2018年3月12日
        180312

        2018年3月13日
        180313

        2018年3月15日
        180315

        2018年3月16日
        180316

        2018年3月18日
        180318

        2018年3月19日
        180319

        2018年3月21日
        180321

        2018年3月23日
        180323

        2018年3月24日
        180324

        2018年3月25日
        180325

        2018年3月26日
        180326

        2018年3月27日
        180327

        2018年3月28日
        180328

        2018年3月31日
        180331



        2018.07.29 Sunday

        介護生活が始まって

        0
          両親の認知症が日常生活に支障を来すほど進行していることを弟から知らされたのは先々月のこと

          実は、自分の家庭が働き方改革の煽りを受けて二進も三進も行かないほどの苦境に立たされており、いまだ明日も見えない不安の中で生活している

          しかし弟の家庭も、うちとは別の理由で苦しい状況に立っており、私も弟も配偶者の手を借りることが不可能な状態

          そのため姉弟ふたりでの介護生活が始まった

          だが、お互いに家庭を保ちつつ介護するのは困難で、公共のサービスに相談して手続きを進めているが、一つ一つのことに時間がかかるため、いまだ事態はあまり変化していない

          母親は、認知症の他に老化による腰の骨折がありほぼ寝たきりの状態ということで、要介護5

          父親の認知症は母親よりも進行しているのだけど、日常生活の基本動作ができるためか介護認定がまだ決定していない

          父親の病院の付き添いは、弟と話し合ってどちらかが仕事の日程を調整して半日休みを取ったりして連れて行っている

          病院に向かう車の中で、父親が何度も「おれのために申し訳ない。ごめんな。ありがとう」と繰り返すのが、とても切ない

          すっかり痩せ細り、とぼとぼと歩く曲がった背中を後ろから見ていると泣けてくる

          昔は、幼い私を置いて行ってしまいかねないほど歩くのが速かったのに

          両親は仲が悪く、母は家に居つかず、父は酒浸りだった

          だけど今、私と弟はそんな両親の介護をしている

          弟が「今、親の介護で悩んでいるのがものすごく複雑な気持ちだ」と心境を吐露していた

          私も同じ気持ちだ

          自分の家庭の維持と親の介護の両立は果たしてできるのだろうか

          今は、晴れることのない靄の中にいる

          2018.07.01 Sunday

          予定外に「MS図鑑 ジム」を買った

          0
            中2の次男坊と一緒に、古本も新品の本も扱っている書店へ行って来た。

            目的は、次男坊が読んでいる「黒子のバスケ」の29巻と30巻の古本を買うためだったのだけど、30巻はあったのに29巻がなかったため断念。

            目的を失い漂うように冷房の効いた店内をウロウロしてたら、次男坊があるものに興味を示した。

            それが「MS図鑑 ジム」。

            パラパラと中を見ているうちにどんどんのめり込んで行くのが分かり、本を閉じると案の定「これが欲しい」と一言。

            新品のお値段、税込1944円。

            「黒子のバスケ」古本2冊分よりずっとお高い。

            しかし、普段本を読まない次男坊が珍しく興味を示した本だし、それに何より何故だか次男坊は小学生の頃から数多あるガンプラの中でもジムをよく作っていたほどのジム好き。

            ジムのどこが次男坊の興味をそそるのか私にはさっぱり理解不能だけど、「読みたい」を連発されると、親としては財布の紐が緩んでしまう。

            帰宅するなり興味津々な顔して読んでるのを見ると、買ってよかったな、と思ってしまう親心なのです。

            Amazonレビューでは、酷評が多いようですが、どうやら書いているみなさんはディープなガンダムファンのよう。そういった方々には物足りない内容なのでしょう。

            ですが、私は次男坊のような単純に「好きだから読む」の気持ちを尊重したいのであります。

            それに私もちらっと中身を見ましたが、シンプルな中にも作品ごとにデザインが革新的になっているのが分かり、ジムと一言で言っても割に奥深いものがあると思いました。

            ジム好きの次男坊は機体の顔を見ては、「これは、○○みたい」と楽しそうに評しております。図鑑なのですから、そんな風に見比べて楽しむので良いのではないでしょうか。


            ▲top