ぼやき部屋

久保田のぼやき日記。
観たDVDのこととか。

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.10.16 Friday

相棒 19 初回スペシャルを見て

0
    新型コロナウイルスの影響で今年はもしかしてもしかすると「相棒」の新作はないんじゃなかろうか…と危惧していたところ、例年通り秋から放送開始のお知らせが出回ってホッと安心したしだい。

    とはいえ、2クールという長丁場。現場は、スタッフを始め俳優陣も健康管理にいつも以上に気を遣っているのだろうと想像すると、無事に完走できるかどうか毎週ハラハラしながら鑑賞することになりそう。放送前にはレギュラーだった芦名星さんが亡くなられ、いつ何が起こるかわからない今年のエンタメ界を思うと、心して見ておかないと後悔するかもというちょっとした使命感にも似た思いを抱きつつ、先ずは1話1話を大切に見ていこうかなといったところ。

    さて、14日に放送された初回スペシャル・前編。前編のため事件は解決していないどころか、さて一体何が本当の事件なのかすらわからないまま終了。放送枠を拡大しているため時間があるせいか、あちこちで思わせぶりなシーンを勿体つけて見せているといった感じで一体何が何やら。今回の前編は掴み所がなく結局プロローグのまま次回へ「つづく」になってしまったという印象。

    そんな中、芹沢刑事のいびりは「それやっちゃあかん」感がみなぎっていて、さすがの伊丹刑事も若干引いていたことに苦笑い。そしたらやっぱり怖い大河内監察官から「芹沢!」と大声で叱られていてさもありなん。今のご時世モラハラはあかんよ芹沢くん。それにしても大河内さんはどんな相手にもビシッと物申すからかっこいいなぁ。憧れる。

    そんなこんなで思わせぶりな伏線だらけでふわっとした感触で始まった「相棒 19」初回・前編。次週、後編ではテンポよく事件の核心に迫って爽快に解決することを楽しみに。
    (監督が橋本さんなので、爽快にはいかないかもしれないけど)←心の声

    もしかすると、被疑者の恋人の女性が後編の鍵となるかも?恋人役を演じた日南響子さんの演技が絶妙な加減でいい感じだった。彼女を久しぶりに見たけどなかなかにいい色気です。

    「相棒 19」公式サイト→https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

    2020.10.16 Friday

    高1の息子が「ヤマト 2202」のドレッドノートを建造した

    0
      dored_2

      高1の息子の興味は、あくまでもアニメに登場する宇宙戦艦。となると、入手しやすい模型は「ヤマト」に登場する戦艦になるわけで、ある日「ヤマトに出てくる戦艦を作りたい」とのたまった息子に「1/1000 地球連邦主力戦艦ドレッドノート級ドレッドノート」を購入。
      前回ヤマトを作った経験があるからか、今回は2日間で作ってしまった。

      dored_3

      dored_4

      dored_5

      「上手に貼れる自信がない」とのことでデカールは貼ってません。
      (でもこれも経験していけばそのうち上手く貼れるようになると思うんだけど)

      dored_6

      おや?地球艦隊?

      dored_7

      いいえ。これが入るとわかります。
      そうマゼラン、サラミス、シャア専用ムサイ。「ガンダム」の戦艦3隻。
      こうして並べてみるとわかるけど、戦艦作るならやっぱり「ヤマト」なんだろうなぁ。

      ところで、戦艦は横幅を取るのでこれ以上増殖すると置く場所がなくなる…


       



      dored_1

      JUGEMテーマ:宇宙戦艦ヤマト




      2020.09.15 Tuesday

      実りの秋

      0
        この夏色々あって現在心の療養中。

        リハビリ兼ねて近くのコンビニまで歩いて行く途中に通りすがった田んぼ。
        中央やや上にトンボが写ってるんですが、分かりますでしょうか。
        画像をクリックすると一回り大きいサイズで見れます。

        20200915_1

        気づけば実りの秋。
        画面いっぱいの稲穂。
        ここにも上と下にトンボが写ってるんですが、分かりにくいですね。

        20200915_2

        車移動ばかりしてたせいか、久々に自分の足で外を歩いたら殊の外ホッとしている自分がいました。
        肌で感じるって大事なんだなと実感。

        ちなみにこの後、大雨が降ったので自宅へトンボ帰りしました。(実話)

        お後がよろしいようで。

        2020.08.23 Sunday

        夏休み中に高1の息子に「2202」のヤマトを建造してもらった

        0
          「建造してもらう」の記事を書いたのは1ケ月前。
          うむ。時間の経つのは早いもので。

          さて、1週間前に夏休みを終えた次男の作った「2202」のヤマトがこちら↓
          製作期間は4日間ほど。
          画像をクリックすると。多少大きいサイズで見ることができます。

          2202_1

          2202_2

          粗探しはご遠慮くださいませ。
          製作中にパルスレーザー砲や細かい部品を折ったり欠けたりした箇所があるため、遠目でご覧いただけると幸い。
          やはりヤマトは突起が多くて大変。

          「メカコレきりしま」も忘れずに作りました。

          2202_3

          実はLED電球が組み込んであり波動砲口と機関部が光るようになっているのですが、光らせるためにはいちいち艦橋部をごそっと外して点灯させるようになっているため、わざわざ電池を買って来て組み込んではみたものの結局は光らせていません。
          てっきり外部に小さなON/OFFのスイッチがあるのかと思ったら、そうではなかったです。

          製作後に息子に感想を聞いたところ「しばらく戦艦は作らない」とのこと。「(ガンプラより)大きい割に(ガンプラより)小さいパーツが多すぎ」と。
          ふーむ。なら、もっと大きいサイズのヤマトならOK?
          いや。そんなサイズのヤマト、狭い我が家には飾る場所ないから。
          そんなわけで、今後しばらくは我が家にヤマトの模型は増えそうにありません。
          (その代わりガンプラは増殖中で、つい最近ディジェと百式が増えました)

          それと、「2199/星巡る方舟」を本日鑑賞しました。
          息子の感想は「戦闘シーンがいいよね」と。
          10代の男子はこういうものかもしれません。
          私は久しぶりに見て、少し前のラノベのようなノリにストーリーの軽さを感じつつも、ラストの斉藤と土方司令の会話に目がうるっとしたりしました。
          とはいえ、ダガームの艦との決戦には燃えました。(結局私も似たような感想)

          追記。
          鑑賞後、ブンチャカ・ヤマトの音楽が頭の中でぐるぐるリピートしてました。



          プライム・ビデオ「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」
          DMM.com DVDレンタル「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」


          Amazon「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」オリジナル・サウンドトラック
          DMM.com CDレンタル「宇宙戦艦ヤマト2199/星巡る方舟」オリジナル・サウンドトラック


          JUGEMテーマ:宇宙戦艦ヤマト




          2020.07.22 Wednesday

          夏休み中に高1の息子に「2202」のヤマトを建造してもらう

          0
            ↑タイトルがそのまま記事の内容なのですが…明日から3週間の夏休みに入る高1の次男に「1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202」の模型を作ってもらいます。

            2202_1

            コロナの影響で部活動がほとんどなく時間に余裕があることと、近頃”アニメの宇宙戦艦”に興味を持ち始めた次男が「ヤマトを作りたい!」と熱望したため、それでは「作ってもらいましょう」と購入。

            「作ってもらいましょう」というのは、「ヤマト」は私のテリトリーなので(笑)、完成後は私のPCスペースの近くに飾るため。そのため私が購入し、次男が作るという役割分担。

            ちなみに次男はすっかりガンプラオタクで、次男の机の脇に置いてる飾り棚にはガンプラがズラリ。次男の趣味は渋く、ジム推し。何故そういう好みになったのかは不明。

            次男本人は、アーガマかラー・カイラムなど「ガンダム」に登場する戦艦を作りたかったようですが、ネットでようやくアーガマを見つけても色分け済みされてないため次男はやる気が出ず(次男は素組み専門)、ならば「ヤマトを作る」となったしだい。

            渋い趣味の次男は、「2199」に登場するコアシップのないデウスーラII世を欲しがっていたのだけどメカコレ以外で見つけることができなかったので、だったら王道のヤマトを作るしかなかろうと、「2199」のヤマトは以前に長男が作ってあるので「2202」のヤマトを作ろうということに。ちなみにこれ、メカコレのゆうなぎ付きとなっているのですが、中を見たら「メカコレきりしま」と書いてあるパーツの袋が入っていたのですが…はて?

            2202_2

            次男にはガンプラで鍛えた腕があるのでおそらく制作に問題はないと思うものの、HGの経験しかない上、初めての戦艦作りとなるので先ずはパーツの多さと出来上がりサイズに多少戸惑うことが予想され。でもこれも経験なんで私のために作ってくだされ(笑)

            2202_3

            おっと。ちなみに次男には「ヤマト」の作品は少々教え込んであります。先日「2199/追憶の航海」を鑑賞し、夏休み中には「2199/星巡る方舟」を鑑賞予定。

            最後に。
            バンダイさま。
            ガンプラ40周年おめでとうございます。
            記念イヤーに色分け済みのラー・カイラムを発売してくださると、いの一番に購入させていただきます。
            作るのは次男で、買うのは私で、飾る場所は私のPC前。当然(笑)

            各画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます。




            JUGEMテーマ:宇宙戦艦ヤマト




            ▲top